ブログ集客専門家・ブログマーケッター 時々 おもろいおっさん

ブログ集客用のWordPress新テーマ『ELEPHANT3』は最高の出来です

【2分で設定】タグマネージャでContact Form7の送信を計測する方法

 
Contact Form7
この記事を書いている人 - WRITER -
ジュンイチ
ブログ集客の専門家。ブログが一番ですが、WEB周りの事はたいていできます。SNS活用・SEO・マーケティングも大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら

ども! ブログマーケッターのジュンイチです。(Junichi_Santa

 

WordPressのプラグインのContact Form7を使って、お問合せフォームを作っている方は多いですよね。

実は、お問合せフォームの「送信」をGoogleタグマネージャを使って簡単に計測ができるように設定できるのを知っていますか?

 

Contact Form7の送信が計測できるようになると何が便利なの?? と言うと、

  1. サイト内に設置した複数のお問合せフォームのうち、どのフォームから送信されたか?が分かる
  2. Googleアナリティクスでデータが取れる(分析して改善につなげられる)
  3. お問合せページに来てくれた人の送信の成約率(コンバージョン率:CV率)が分かる

ということなんですよね。

 

たった2分で設定ができます。ブログ集客やWEB集客をガンガンやりたい! というあなたは必見です!

この記事をオススメする人
  • 沢山お申込みフォームやお問い合わせフォームがある人
  • お申込み、お問合せの成約率が知りたい人
  • 少しでもお問合せ数、お申込み数を増やしたい人
  • ブログ集客、WEB集客にこだわって成果を出したい人

 

手順1.タグマネージャをまだ導入していないあなたはまずこちら! タグマネージャを使う準備をしよう!

もうすでにタグマネージャを導入できているかたは、手順2へ進んで下さい。

もしかしたら、まだタグマネージャ自体をサイトに設置していないかもしれないですよね。

その場合は、まず以下の2つの記事の内容を先に設定してみて下さい。

これができたら手順2に進みましょう。

手順2)タグマネージャで「変数」を作る

それでは、今回の内容に関わる作業の開始です。
まずは「変数」を用意します。意味がわからなくても全然大丈夫。作業を真似して進めてみて下さい。

まずは、タグマネージャにログインしましょう。

最近新しくなった「Googleマーケティングプラットフォーム」というサイトから行きましょう。

 

↓ サイトに着いたら真ん中あたりの青いボタン「Googleマーケティングプラットフォームにログインする」をクリック

コンタクトフォーム送信計測

 

↓次の画面では「タグマネージャ」をクリックしましょう。

コンタクトフォーム送信計測

 

↓あなたの管理するサイトのコンテナ名をクリックします。

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ するとタグマネージャのトップ画面に来ます。まずは左のメニューの『変数』をクリックしましょう。

変数追加

 

↓ 次に赤い「設定」ボタンをクリックしましょう

変数追加

 

↓ 右からメニューが出てきます。この中の「フォーム」の中身を一応全部チェックしましょう。

変数追加

 

↓ チェックができたら、右から出てきたメニューよりも左の部分、どこでもいいのでクリックして右から出てきたメニューを閉じます。

変数追加

 

これで、手順2の作業は終わりです。変数の追加が終わりました。

 

手順3)タグマネージャでコンタクトフォームの送信の「トリガー」を作る

次に、Contact Form7で作ったお問合せフォームの送信の「トリガー」を作ります。

※トリガーって何!?

 icon2
「トリガーというのは、「きっかけ」とか「引き金」という意味なんです。
 「送信ボタンが押された」という「きっかけ」をまずタグマネージャで認識してもらえるようにする必要があるんやで!。」

では作業に戻りましょう。

 

↓ 左のメニューの『トリガー』をクリックしましょう。

コンタクトフォーム送信計測

 

「新規」という赤いボタンをクリック

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ このタイトル部分を「ContactForm7送信トリガー」というような分かりやすい名前にしましょう。

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ 次に真中部分の「トリガーのタイプを選択して設定を開始」あたりをクリック

コンタクトフォーム送信計測

 

↓右からトリガーのタイプを選択というメニューが出てくるので「フォームの送信」をクリック

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ 次に「一部のフォーム」にチェックを入れて下さい。

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ 以下のように①~③を入力して「+」ボタンをクリック。

コンタクトフォーム送信計測
①Page Path ②正規表現に一致 ③.*

※注意:③の .* は忘れずに入力して下さい。

ここまで出来たら「+」を押しましょう。

 

↓ さらに以下のように⑤~⑦を入力します。

コンタクトフォーム送信計測
⑤Form Classes ⑥含む ⑦wpcf7-form

 

↓ ここまでできたら「保存」をクリックしましょう

コンタクトフォーム送信計測

 

これで、フォーム送信のきっかけを認識してくれる「トリガー」が作成できました。
ここまでできたら手順4へ進みましょう!

 

手順4)Googleアナリティクスで、フォーム送信が計測できる「タグ」を作って設置しよう

これも何を言っているか分からなくても全然問題ありません。作業を真似すればできます。

 

メモ:何をやっているか知りたい方はコチラ icon2
今回の方法は、厳密に言うとタグマネージャで計測ができるんじゃなくて、Googleアナリティクスでフォーム送信の回数などが計測できるようする方法なんです。

(そもそもタグマネージャはタグ(色んな計測タグ)を一気に入れて管理しておくためのツールなんです。タグマネージャではデータは見れません。)

だから、ここからの作業は、Googleアナリティクスでお問合せフォームの送信が計測できるようにする「命令タグ」をタグマネージャの中に入れるということです。
Googleアナリティクスで、お問合せフォームの送信が完了したかどうか? が計測できるメニューは「イベント」というメニューです。
この「イベント」という機能を使って計測できるようにするのが、今回の作業です。

何度もいいますが、今は分からなくても全然OKですからね!

 

ということで、作業にいきましょう。

↓ ワークスペースの左のメニューの「タグ」をクリック。

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ 赤い「新規」というボタンをクリック

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ 次に出てきた画面の左上のタイトルを「ContactForm7送信計測タグ」などの分かりやすい名前に変更しましょう

コンタクトフォーム送信計測

 

↓続いて、「タグタイプを選択して設定を開始」という部分をクリック

コンタクトフォーム送信計測

 

↓右からシュッと出てきた中から「Googleアナリティクスーユニバーサルアナリティクス」をクリック

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ そして続いて以下のように①~⑥を埋めていきましょう!

コンタクトフォーム送信計測
①トラッキングタイプ イベント
②カテゴリ お問合せ送信
③アクション {{Page URL}}
④値 1
⑤非インタラクションヒット
⑥Googleアナリティクス設定 {{Googleアナリティクス変数}} 

※ここはあなたが設定した変数名になっているかもしれません。
参考:【3分で設定】タグマネージャでGoogleアナリティクスを導入する方法

 

↓ 続いて下の部分の「トリガー」の「トリガーを選択してこのタグを配信」あたりをクリック

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ここで、手順2で作成した「ContactForm7送信トリガー」が出ているはずなので、それを選択。

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ ここまでできたら右上の「保存」をクリック

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ 次の画面で「プレビュー」という右上のボタンをクリックしましょう

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ このように「プレビュー中のワークスペース」とオレンジ色の注意書きが出てきていればOKです。

コンタクトフォーム送信計測

 

ここまでで、手順3は終わりです。これで次に、ちゃんとこのタグが動くか確認していきましょう!

 

手順5)フォーム送信をした時に、計測されるか確認しよう!

ここまで正しくできていれば、Contact Form 7で作ったお問合せフォームの送信が、全ページ計測できるようになります。

念のために、しっかりと計測ができるか確認しましょう!

 

手順5-1)Googleアナリティクスのサイトを開こう

まずは、Googleアナリティクスにいきましょう。

 

↓ アナリティクスのレポート画面で、「リアルタイム」⇒「イベント」の順にクリックします。

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ そしてこのような画面にしておきましょう

コンタクトフォーム送信計測

 

手順5-2)設置したWordPressサイトのお問い合わせフォームでテスト送信をしよう

次に、あなたのワードプレスサイトのお問合せフォームが設置しているページにいきましょう。
もちろん、Contact Form7が設置されているページだったら、お申込みフォームなどのページでも大丈夫です。

 

↓ 適当な内容でかまいませんので、入力して送信しましょう

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ しっかりと送信が完了するところまで見届けて下さい。

コンタクトフォーム送信計測

 

手順5-3)Googleアナリティクスの「イベント」が計測されているかチェックしよう

無事にお問い合わせフォームからテスト送信ができたら、Googleアナリティクスのサイトに戻りましょう。

 

↓ 以下のピンクで囲った枠のように「イベントカテゴリ」の部分に「お問合せ送信」と出て、「イベントアクション」にあなたがお問合せを送信したページのURLが出ていればバッチリです!

コンタクトフォーム送信計測

 

手順6)タグマネージャのプレビューを終了し、正式にタグを公開しよう!

あとは、まだタグマネージャの作業が中途半端になっているので、それを正式に完了させます。

タグマネージャのサイトに戻りましょう。

 

↓ プレビュー中のワークスペースというオレンジの枠の下に「プレビューモードを終了」という文字があります。ここをクリック。

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ OKをクリックしましょう

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ 次に、右上の「公開」ボタンをクリックしましょう

コンタクトフォーム送信計測

 

↓ 最後の画面です。バージョン名、バージョンの説明を「ContactForm7の送信計測タグ設置」などの分かりやすい名前をつけて、右上の「公開」ボタンをクリック

コンタクトフォーム送信計測

 

これで作業は完了です!お疲れ様でした!

 

設置ができたらこんな事が分かるようになる!

今回の方法で、お問い合わせフォームの送信が計測できるようになると、大きく2つのことが分かります。

今回の方法で分かるようになる事
  1. どのページのお問合せフォームから送信があったか?
  2. お問合せフォームやお申込みフォームが設置してあるページの成約率がわかる

 

少し詳しくみてみましょう!

分かること1)どのページのお問合せフォームから送信があったか?

今回の方法を使うと、お問合せフォームの送信があったページのURLが分かるようになります。
次の手順で画面をみてみましょう。

分析に使うのは、Googleアナリティクスのサイトです。

 

↓Googleアナリティクスの「行動」⇒「イベント」⇒「概要」の順にクリックします。

イベント分析

↓ この画面では、お問合せ送信自体が何回あったのか? というのが分かります。 さらに右下のイベントカテゴリお問合せ送信」という青い文字をクリックしましょう。

イベント分析

 

↓ この画面では「イベントアクション」という文字をクリックしましょう。

イベント分析

 

↓ すると、次の画面ではお問合せ送信があったページのURLが出てきます。それぞれのページで何回送信があったか? という回数まで分かります。

イベント分析

 

icon2
『これを見れば、どのページのお問い合わせフォームから送信があったか? まで分析できますね!』

 

 

分かること2)お問合せフォームや申込フォームの送信の成約率が分かる!

先程の「分かること1)」では、どのページから何回お問合せの送信があったか? の送信数が分かりましたね。

これを応用すれば、そのページに来た人の何%が送信まで至っているのか? という成約率まで分かります。

ケーススタディ! 考えてみよう!

例えば、以下を考えてみましょう。

Googleアナリティクスをみると、

https://junichi-manga.com/contact/

というページの以下のデータが分かりました。

測定期間 このページにアクセスしたユーザー数 お問合せ送信が完了した数
2018/8/1~2018/8/31までの1ヶ月間 126 6

これをみると、この期間の成約率は何%でしょうか??

 

答えは、6÷126=0.0476…. で約4.7%です。 成約率が約4.7%のお問合せページだということが分かります。

icon2
『ということで、この成約率をベースに、ページを改善したりしてテストを繰り返していきましょう!
そうすれば、より成約率の高い、効果的なブログ集客・WEB集客につながりますよね!』

 

まとめ

今回の記事では、WordPressで多くの方がお問合せフォーム、お申込みフォームの作成に使っているContact Form7の送信を計測できるようにする方法を解説しました。

設定部分だけ見れば2分で終わります。

タグマネージャを使うと、こんな緻密ちみつなWEB集客の分析ができるっていうのはめちゃくちゃ便利ですよね!

今回の設定方法をすると、

  1. どのページのお問合せフォームから送信があったか?
  2. お問合せフォームやお申込みフォームが設置してあるページの成約率がわかる

という2点がバッチリ分かるようになります。

特に、効率的にWEB集客をしたい! と思っている方、WEB広告を出して色んなテストをしてみたい! という方は是非チャレンジしてみて下さい。

 

 

 

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

e-book

この記事を書いている人 - WRITER -
ジュンイチ
ブログ集客の専門家。ブログが一番ですが、WEB周りの事はたいていできます。SNS活用・SEO・マーケティングも大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ジュンイチのブログ , 2018 All Rights Reserved.