【新時代!?】キーワードプランナーの月間平均ボリュームの詳細が出なくなってからのキーワード選定方法【絶対保存してね】

 
星空

この記事を書いている人 - WRITER -
JUNICHI
色んな人にブログ運営の事を教えているブログ集客の専門家。得意なのはブログ集客・SNS活用法・SEOライティング。※このおっさんの取扱注意点:ブログと漫画を描くのが好きで、書けない日が続くとストレスで爆発する。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、JUNICHIです。

僕の知人から『てぇへんだ!てぇへんだ!キーワードプランナーの月間平均検索ボリューム数がおかしいんだ!』と報告を受けてから約1か月がたちました。

どういう事か知りたい方はまずはこちらをお読みください ↓
【悲惨】GoogleAdwordsの仕様が変更!?月間平均検索ボリュームの数字が見れなくなるかも【2016年8月】

 

はい、そしてついにきました。僕のアカウントのところにも。この仕様変更が。(人によっていつくるかは分からないみたいです)

keywordplanner201609

このアバウトな感じ!

about

いつか来るよなぁと思ってはいましたが、いざ来るとちょっと動揺します。でも動揺しなくてもいいんです。
もともとこのキーワードプランナーの数字ってそこまで正確な感じがしなかったからです。

ただし、どうやってこれからブログを書くときのキーワード選定をしたらいいの?という疑問が出てくると思います。

そこで今回は、キーワードプランナーの数字がアバウトになった日からのキーワード選定方法について一緒に考えていきましょう。

 

1.そのままGoogleAdWordsキーワードプランナーは使える

検索ボリュームの数字がアバウトになったからと言って、全く使えなくなったわけではありません。今まで通りの使い方をしたら問題ありません。

まずは具体的に画像付きで操作方法を説明するで。

JUNICHI

1-1.キーワードプランナーの使い方(操作方法)【2016年9月以降版】

初めてキーワードプランナーを使う場合、以下の記事からスタートしてください。

これから初めてキーワードプランナーを使う人

 

キーワードプランナーはGoogleのアカウントを持っているだけでは始められなくなりました。Google AdWordsのアカウントを開設しないといけないのです。

それでは、キーワードプランナーを使い始められるようになったとして、以下の手順に進みましょう。

↓そうすると以下のような画面になります。『ログイン』をクリックしましょう。
アドワーズキーワードプランナーログイン

 

↓すると以下のような画面が出てきます。
キーワードプランナー使い方1

出てこなければ、上部のメニューの『運用ツール』⇒『キーワードプランナー』の順でクリックします。

 

フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索 をクリック
2キーワードプランナー使い方

 

↓宣伝する商品やサービスのところに、キーワードを入れます
キーワードプランナー使い方3

具体的なキーワードが決まっていなければ、単語1つだけを入力することをおススメします。
ここで2語以上を入力してしまうと、キーワードの幅が狭くなって、候補が沢山出てこなくなります。

 

単語が1語決まったら、「キーワードオプション」をクリック ↓
3キーワードプランナー使い方

その次に「入力した語句を含む候補のみを表示」 をオンにする。あとは『保存』をクリック。↓
option

 

ターゲット設定は「日本」と「日本語」にする ↓ ※もちろん海外の人をターゲットにするなら、その地域と言語を選んでね。5キーワードプランナー使い方

 

候補を取得 をクリック ↓
6キーワードプランナー使い方

ここまでは今までの使い方と同じです。

以下から仕様変更後の画面になります。

「キーワード候補」のタブをクリックします。
keywordplanner20161

 

↓ すると、このように「月間平均検索ボリューム」の目安の数字が出てきます。
keywordplanner20162

この画面が出たら「1-2.キーワード選定」に進みます。

 

※月間平均検索ボリュームって何?

月間平均検索ボリュームってのは、1か月あたりのそのキーワードの平均検索回数の事だぜ。初期状態であれば過去12か月間のデータが基準になってるんだぜ。

JUNICHI

 

数字の段階としては

  1. 10~100:これが一番最小の単位。
  2. 100~1000
  3. 1000~1万
  4. 1万~10万
  5. 10万~100万:「Youtube」レベル
  6. 100万~1000万:「Yahoo」レベル

僕が今確認できた範囲では、この6段階でした。

 

グラフが出なくなっているので、季節的な旬なキーワードが分かりづらくなりました

仕様が変わる前みたいに、月ごとのグラフは出なくなりました。これがあることで、例えば『花火』というキーワードは、7月~8月にかけてキーワードの需要がドカンと増える、という傾向が見えたのですが、これが分からなくなりました。

キーワードプランナー使い方6

1-2.キーワードプランナーを使ったキーワード選定方法について

ここからが大事な部分です。ここでは、

どんなキーワードを選んでブログ記事を書けばいいのか?

をお伝えします。ポイントは、大きく4点

  1. できるだけ複合のキーワードを狙う
  2. 検索ボリュームは最小単位のものでも狙ってOK
  3. そのキーワードで実際検索をしてブログで戦えそうか見る
  4. 関連するキーワードの「深い層」からガンガン攻めていく

大きくはこの4点です。では具体的にお話しします。

 

今回は『元気』というキーワードを例に挙げて一緒に選定をしてみましょう。僕のキーワードに関する考え方を書いていきます。
genki

 

▼1-2-1.複合のキーワードを狙う

fukugou

「元気」という1語のキーワードが1万~10万とある程度ボリュームもありそうなのに、なぜわざわざ複合のキーワードを選ぶのか?

それは、検索ユーザーの意図を考えるためです。1語だと検索している人の気持ちがわかりにくいですが、2語、3語などと言葉が増えていくと検索している人の気持ちが分かりやすくなります。

【厳重注意】検索を意識して書きました!っていう人のブログは単にタイトルにキーワードが入ってるだけで中身を見て「こりゃダメだ」ってことが多い件という記事でも書いた通り、検索とはキーワードを使った質問です。

なので僕たち記事の書き手は、検索から人を呼ぶ記事を書くためには、その質問に対する『答え』を書かないといけません。

 

 

 

▼1-2-2.検索ボリュームは最小レベルのものでもOK!とにかく数字が出ていればOK。

僕なら10~100の最小レベルのキーワードでも狙います。(さすがにこの数字が全く出ずに「-」となるものは選びません。明らかに需要が無いと思うので。)

それだったらそんなにアクセス数が来ないんじゃないか?って思うかもしれませんね。

でも初めにも言った通り意外とこの数字はあてにならないことがあります

旧バージョンの数字の話にはなりますが、平均ボリュームの数字が10と出ていたのに、検索1位に上がったら意外と毎月1000くらい人が来るキーワードだと分かった例もあります。逆に5000と出ていたのに、検索上位に入っても意外と人が来なかったり。てな感じです。

 

▼1-2-3.そのキーワードで実際検索をして『ブログ記事』で戦えそうか見る

これだ!と決めたキーワードで記事を書き始める前に、必ず一度そのキーワードで検索をしてみましょう。
その結果、検索1ページ目に1個もブログ記事が無い状態であれば、そのキーワードは狙うのを辞めた方がいいです。

これは何を言っているかというと、実際に例を出してお話ししますね。

例えば「元気」の複合のキーワードについてみてみましょう。

例1)『元気 寿司』というキーワードの場合

↓ 『元気 寿司』という1万~10万のキーワードを選んでみましょう。
genkizusi

 

↓ Googleで『元気 寿司』と検索します。
genkisusi

 

↓続いて、検索結果の右上の『プライベート検索結果を表示しない』をONにします。
plivate

こうすることで、人それぞれに合わせた結果ではなく、正確な順位に並び変わるといわれているぜ。

JUNICHI

 

↓これで検索結果1ページ目をざーっと眺めていきます。1つずつクリックして、実際のサイトにも行ってみます。
result

すると、全然ブログ記事が出てきません。この元気寿司の会社の情報やら、株価の情報やらです。
こういう場合は、『検索ユーザーは「元気 寿司」と調べるときにブログ記事を求めていない』という事が分かります。

他にも、Amazonや楽天などのショッピングサイトが並ぶ場合もそうですね。ブログ記事とは土俵が違うサイトが沢山出てきている場合は、そのキーワードはやめた方がいいと考えます。

 

例2)『元気 出る 言葉』というキーワードの場合

↓続いて、『元気 出る 言葉』というキーワードを見てみましょう。
genkigaderu4

 

↓ 実際にこのキーワードでも検索してみます。もちろん「プライベート検索結果を表示しない」にします。
genkikotoba

そして、1ページ1ページのぞいてみると、文字や画像が中心のブログ型のコンテンツばかりです。これならブログ記事として戦えそうですね。

NAVERまとめも基本的に文字と画像で成り立っているので、十分ブログで戦えます。勝てます。

簡単に言うと、ブログで戦ってもいいキーワードか、ブログで戦えないキーワードか見極める必要があるという事だぜ。

JUNICHI

 

 

▼1-2-4.関連するキーワードの「深い層」から攻めていく

実は「深い層」のキーワードを狙っていくと、それよりも「上の層」のキーワードにも強くなる可能性があります

何を言ってるの?意味がちょっと分かりにくい!というあなたのために、具体例を出しますね。

↓例えば、キーワードプランナーで「元気」と入れると「元気 が 出る」という複合のキーワード候補が出てきます。
genkigaderu

 

↓そしたら、この「元気 が 出る」という言葉をさらに、キーワードプランナーで細かく調べます。深い層を調べるという事です。
genkigaderu2

上の「宣伝する商品やサービス」の欄に「元気 が 出る」と入力して「候補を取得」ボタンをクリックします。

 

↓ すると以下のように、「元気 が 出る ●●」と、さらに複合のキーワード候補が沢山出てきます。
genkigaderu3

  • 『元気 が 出る 
  • 『元気 が 出る 
  • 『元気 が 出る 食べ物
  • 『元気 が 出る テレビ
  • 『元気 が 出る 言葉
  • 『元気 が 出る 動画

などなどですね。

ここで『元気 が 出る』を狙うよりも、『元気 が 出る 言葉』を狙って記事を書くと、以下のような結果が出る可能性もあります。

■『元気 が 出る』で検索した結果

genkideru

■「元気 が 出る 言葉」で検索した結果

genkideru2

この上の二つの結果をならべてみると、別々のキーワードで検索したはずなのに、検索5位以内に同じサイトが3つも出てきています。

つまり、『元気 が 出る 言葉』を狙って記事を書いて検索上位に入れば、さらに『元気 が 出る』で調べてきた人も集めることができるという事です。

  • 『元気 が 出る 言葉』:1位で月間300アクセス
  • 『元気 が 出る』:1位で月間1000アクセス

なら、単純計算でいくと両方で検索1位に入ることで、合計1300アクセスも人を呼び込むことができるという事です。

これがこのパートで言いたかったことです。

 

▼1-2-4-1.関連するキーワードの「深い層」の記事を量産するという攻め方もある

あとは、もう一つこういう考え方もあります。

ひたすら、狙うキーワードを少しずつずらして記事を量産するというやり方です。
共通キーワード■■■』の一番最後の『■■■』の部分を変えていろんな記事を書いていきます。

  • 元気 が 出る 
  • 元気 が 出る 食べ物
  • 元気 が 出る テレビ
  • 元気 が 出る 言葉
  • 元気 が 出る 動画

これらのキーワードをそれぞれ別の記事でまとめるていきます。
これらは厳密にいうと、検索ユーザーが知りたいことは別の事ですよね。
歌なのか、食べ物なのか、テレビなのかという違いがあるので、それぞれの記事に別の事がまとめられます。

これをひたすら続けていくことによって、Googleからは『このサイトは「元気 が 出る」という事に詳しいサイトだな。ちょっと検索の上の方に上げてやろう。』としてくれる可能性があります。

つまり、『元気 が 出る ■■■』の4語で狙っていたはずなのに、いつの間にか『元気 が 出る』の3語でも検索上位に入るようになる、という感じです。

ちょっと難しいかな。

要するに、関連するキーワードでガンガン記事を量産すればいいんだ。ちゃんと検索ユーザーの役に立ついい記事を書いてくれよ!

JUNICHI

 

 

 

この2ページをちゃんと読んでくれたら、しっかりと検索上位に入る記事は書けるようになると思うよ!

JUNICHI

 

その他、キーワードプランナーを使うときの疑問点

疑問1)キーワードが変なところで分かれているんだけど、これは何?どうしたらいいの?

space

例えば『自信がない』とスペースなしでキーワードプランナーに入れて調べると、

『自信__ない』などと、わざわざ間にスペースが入ってキーワード候補に出てきます。

これも、今年に入って仕様が変わった部分です。

こういう時はタイトルはどうつけたらいいの?

こういうキーワードを狙う時は、記事タイトルはどうしたらいいのか?と思いますよね。

言葉と言葉の間をくっつけてもいいのか、離しておいた方がいいのか。

答えとしては、くっつけてもいいし、離してもいいです。以下の検索結果を見てみましょう。
jisinnai

1位~3位のサイトは『自信がない』という言葉が続けてタイトルに入っています。
しかし、4位のサイトは『自信が持てない』というように間に『持て』という言葉が入っているのにもかかわらず、検索上位に入っていますよね。

という事を考えれば、自然な範囲で言葉と言葉の間に何かが入っていても、問題は無いという事になります。

『自分 に 自信 が ない』なら『自分に全く自信が持てない』というように間に言葉を入れてもOKってことです。

 

疑問2)同じようなキーワードがあるときはどれを選べばいいの?

パターン1.一番語数の多いキーワードを狙えば全部カバーできる場合。

以下の4つのキーワード候補があるとします。キーワードを見る限り、『全部一緒の事やん!!』って思う事がありますよね。

  1. 自信 が ない
  2. 自分 に 自信 が ない
  3. 自信 が 持て ない
  4. 自分 に 自信 が 持て ない

この場合、『自分 に 自信 が 持て ない』という4のキーワードを狙えば、1.2.3は全てカバーできるのが分かりますよね。
だから、4を狙えばOKという感じです。

パターン2.たぶん知りたいことは同じだろうけどキーワードが若干ズレている場合

  1. 元気 が 出る 曲
  2. 元気 が 出る 音楽
  3. 元気 が 出る 歌

この場合は、どれを狙ってもいいと思います。タイトルには、1.2.3どれかを入れます。

例えば、『100人に振られ続けた僕が選ぶ、失恋をした時に元気が出る曲ベスト10』というタイトルを付けたとします。

そしたら、その記事の本文中には、以下のようにタイトルに入れられなかったキーワードを入れるといいと考えています。

 

今回はこの1年間で100人に告白して全員にフラれた僕が、立ち直るときに聴いた元気が出るを10個紹介します。

見出し2:失恋した時に聴きたい元気が出る音楽ベスト10を発表!

見出し3:10位『かぐや姫の”神田川”』




という感じですね。本文に言葉をずらしながら入れていくという感じです。

 

疑問3)キーワードはいくつも欲張ってもいいの?

これは時と場合によりけりかなと考えています。

キーワードの関連度が高い場合はOK

例えば、

  • 元気 が 出る 方法
  • 元気 が 出る 音楽

くらいなら、両方欲張ってもいいかなと思います。

タイトル『寂しいときに元気が出る方法は自分が好きな音楽を聴くことだ!』

というものを付けて、本文の中には元気が出る方法をいくつか紹介した中で、一番いいのは音楽を聴くことだ、という方向にもっていけばいいですよね。

話の流れが不自然じゃないし、関連度が高いからです。

キーワードの関連性が薄い場合はNG

逆にこんな例だと、1記事に情報を詰め込むとかえって読みにくい記事になりますよね。

  • 元気 が 出る 料理
  • 元気 が 出る メール

元気が出るという事は共通していて、一見関連してるように見えますが、『料理』と『メール』の関連性は低いですよね。

あなたなら、どう思いますか?

『元気 が 出る 料理』と検索してたどり着いた記事に、だらだらと2000文字も3000文字も

『あたしが落ち込んだときは、彼からのメールに励まされるの。なぜなら、彼って私の事が大好きで、ああだこうだうんたらかんたら・・・』
って書かれてたら、「私の知りたいのは料理のことなのよ!何よこの記事!」ってなりますよね。

検索ユーザーの満足度は下がります。

そう思ったら、料理の事とメールのことは別々の記事にしてあげた方が親切ですよね。

 

迷ったら記事を分けてもいいんじゃないかと思う

ただ、欲張らなくていいと思います。

まずは狙う複合キーワードを1つ選びます。キーワードプランナーで言うと、キーワード候補の1行分ですね。

これを狙って記事を書いている中で、自然と『あ、これを書くならこの情報も書いてあげた方が読んでる人は役に立つよな!』という事を盛り込めばいいと考えています。

 

 

まとめ

キーワードプランナーの仕様が変わりましたが、基本的にキーワードの選定方法は変わりません。

ブログ運営者であれば、

  1. できるだけ複合のキーワードを狙う
  2. 検索ボリュームは最小単位のものでも狙ってOK
  3. そのキーワードで実際検索をしてブログで戦えそうか見る
  4. 関連するキーワードの「深い層」からガンガン攻めていく

という4点を意識してキーワードを選ぶといいです。

キーワードプランナーを使ったキーワード選定の疑問は解消できたかな!

JUNICHI

 

次のページはこちら↓
使ってて無い人多すぎてビビる!
Search Consoleを活用した超お宝キーワード発見術【超保存版】

 

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

e-book

 
この記事を書いている人 - WRITER -
JUNICHI
色んな人にブログ運営の事を教えているブログ集客の専門家。得意なのはブログ集客・SNS活用法・SEOライティング。※このおっさんの取扱注意点:ブログと漫画を描くのが好きで、書けない日が続くとストレスで爆発する。
詳しいプロフィールはこちら

 

ブログマーケッターJUNICHI使用の
WordPressテーマ

 

シングルカラムで『シンプル』に勝負したいあなたへ

WordPress Theme

ELEPHANT SINGLE

ブログ集客と収益化がオンラインで学べる!!

ブログマーケティングスクール

 

『集客』さえできれば、ほぼどんなビジネスも成功させることができます。

そしてブログは、現在のWEBメディアの中でも、最も強力な『集客メディア』として位置づけられています。

ブログマーケティングスクールでは、コンテンツマーケティング・SEOを意識したWEBマーケティングがオンラインで学べるスクールです。

 
  BMSバナー  
 

Copyright© ブログマーケッターJUNICHI , 2016 All Rights Reserved.