【無料】めちゃオモロくてためになる『ザ・ブロガー~ブログ収益化の教科書~』詳しくはこちらをクリック!

      2017/01/30

【2017年版】GoogleAdwordsキーワードプランナーの使い方とキーワード選定方法

 
キーワードプランナー

この記事を書いている人 - WRITER -

色んな人にブログ運営の事を教えている。得意なのはブログ集客・SNS活用法・SEOライティング。
※このおっさんの取扱注意点:ブログと漫画を描くのが好きで、書けない日が続くとストレスで爆発する。
詳しいプロフィールはこちら 

JUNICHI

Googleの正式なサービス「キーワードプランナー」を使った、キーワード選定方法の基本的な手順と、ちょっと便利な使用方法を詳しく解説します。

 

今回は、リスティング広告を出稿する側ではなく、コンテンツ(記事やページ)を制作する側のキーワード選定についてなのでご注意を。

注意2016年8月ごろから、キーワードごとの月間平均検索ボリュームというのがアバウトな数字しか出なくなりました。
詳しくはコチラ↓
【悲惨】GoogleAdwordsの仕様が変更!?月間平均検索ボリュームの数字が見れなくなるかも【2016年8月】

ただ、月間平均検索ボリュームが出なくなったとはいえ、ブログ記事を書くときのキーワードを選ぶ際にはとても参考になるツールには変わりがありません。

是非今回の記事を参考にしてみてください。

 

 

手順1 キーワードプランナーを起動する

まずは、検索にて「google キーワードプランナー」と検索するか、以下をクリックしてみて下さい。

※ココで注意!

2016年に入ってから、初めてキーワードプランナーを使う場合は、ちょっとややこしい登録作業が必要になりました。
まずは、こちらの記事を参考にキーワードプランナーの開始前準備をしてみて下さい。
2016年GoogleAdwordsキーワードプランナーが使えない!?初めて使う方はこの手順でやってみて!

↑この作業が終わると、いつでもキーワードプランナーが使えるようになります。

 

↓再度、以下からキーワードプランナーの画面に行ってみてください。

すると、ログイン画面になるので、右上の「ログイン」ボタンからログインしてください。(すでにログインしている場合、次の画面に飛びます)

アドワーズキーワードプランナーログイン

必要なのは、

  • Googleアカウント(Gmailアドレス)
  • Googleアカウントのパスワード

この2つだけです。

 

↓↓  無料で使いたい方はこちら ↓↓

実は、キーワードプランナーは2016年に大幅な仕様変更があり、無料で使う場合は色んな制限がかかってしまいました。

ですが、キーワードプランナーは無料でも十分に使えます。

無料で使いたい方は、以下の記事にお進みください。
⇒『【新時代!?】キーワードプランナーの月間平均ボリュームの詳細が出なくなってからのキーワード選定方法【絶対保存してね】

 

 

↓↓ ここからは有料で詳しいデータを見ながら使いたい方向けです! ↓↓

 

まずは、以下の記事を参考に、キーワードプランナーの完全版が使えるように広告費を支払う準備をしてください。(約200円ほどお金がかかります)
キーワードプランナーはいくらで正式版が使えるの?203円の広告費でも検索ボリュームの数字が出ました

これができたら以下に進んでください。

 

↓ キーワードプランナーにログインすると、以下のような画面が出てきます。

キーワードプランナー使い方1

 

手順2 キーワード候補を取得する作業

さっそく、どんな記事を書いたらいいか、どんなコンテンツをつくったらいいか、という肝(キモ)になる「キーワード」の候補をみつけていきます。

 

フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索 をクリック ↓
2キーワードプランナー使い方

 

 

宣伝する商品やサービスのところに、キーワードを入れます ↓
キーワードプランナー使い方3

具体的なキーワードが決まっていなければ、単語1つだけを入力することをおススメします。
ここで2語以上を入力してしまうと、キーワードの幅が狭くなって、候補が沢山出てこなくなります。

 

単語が1語決まったら、「キーワードオプション」というところをクリック ↓
3キーワードプランナー使い方

 

その次に「入力したごくを含む候補のみを表示」 をオンにする ↓
4キーワードプランナー使い方

 

 

ターゲット設定は「日本」と「日本語」にする ↓ ※もちろん海外の人をターゲットにするなら、その地域と言語を選んでね。5キーワードプランナー使い方

 

 

候補を取得 をクリック ↓
6キーワードプランナー使い方

 

手順3 キーワード候補をを見比べる

候補の取得をクリックすると、以下のようなグラフ付きのデータが出てきます ↓
キーワードプランナー使い方6

 

ここの下のほうに「キーワード候補」っていうタブがあるので、そちらをクリック ↓
キーワードプランナー使い方7

 

すると、以下のようにあなたが入力したキーワードが一番上にでます。 その下に、あなたが入力したキーワードに関係のある複合キーワードが出てきます ↓
キーワードプランナー使い方8

基本的には、この表を見ながら、どんなキーワードを選んでコンテンツを作ろうか、考えればいいです。

 

 

キーワード候補の見方について

●月間平均検索ボリューム

そのキーワードが1カ月に何回くらい検索されているか。

例えば、上の表でいくと「ブログ 無料」というキーワードは1カ月間で4,400回くらい検索されている、っていう意味です。

ただ、このキーワードの検索ボリュームはあまり当てにならないことも多く、4400と出ていても、それ以上の人が検索からくる可能性も大きいです。

 

●競合性

そのキーワードに広告費を払って、検索上位表示をさせようとしているサイト運営者の競合性を3段階で表したものです。

広告主側の競合性を表しています。(コンテンツ制作者側の競合性じゃないんです)

 

例えば、「ブログ 無料」というキーワードの競合性は「低」です。

この例で言うと、広告費を払って、「ブログ 無料」というキーワードで検索結果1ページ目に自社サイトを表示させたい!っていう業者は少ないっていう意味です。

逆に、競合性が「高」のキーワードは、そのキーワードで広告を払ってまで検索上位に表示させたいっていう業者がうじゃうじゃいるっていう意味です。

競合性が「中」はその間くらいの感じです。

 

キーワードによって競合性が違う理由

どうして、似たようなキーワードでも、競合性が高かったり、低かったりするんですか?

毎年平社員の佐伯さん

競合性が「高」のキーワードは、直接お金につながりやすいキーワードだからよ。

OLの長野さん

 

例えば「wifi 契約」っていうキーワードは競合性が「高」です。

このキーワードで検索する人っていうのは、すでにwifiの契約を考えている人ですよね。

契約したいけど、どんな会社があるのかなー、どんなサービスがあるのかなーって思って検索している人が多いと思います。

そこで、検索した結果、良い所があればすぐにでも契約してくれます。

そしたら販売者側、サービス提供者側はすぐにお金になりますよね。

 

逆に、「wifiとは」っていうキーワードの競合性は「低」です。

「wifiとは」で検索する人は、契約したいっていう人よりも、「wifiって何?」って知りたい人がほとんどです。

そういう人って、すぐにwifiの契約はしてくれないですよね。

 

この差が分かれば、競合性が「高」と「低」で、お金につながりやすいキーワードほど、多くの会社や業者が広告費を払ってでも検索上位に表示したいっていう気持ちが理解できますよね。

 

 

コンテンツを作る側として、競合性はどこまで気にしたらいいのか?

競合性が「高」のキーワードは、ライバルが多いっていうのは、広告主の話。

では、コンテンツを作る側とすると、本当に競合性が「高」のキーワードは、検索上位に入りにくいのか?

 

これは、一概に「高」のキーワードだからといって、検索上位に入れないかっていうと、そうではないです。

やっと、最近検証ができました。

実際に僕も「高」のキーワードを使って何記事か書きましたが、ある記事は現在検索で2位に入っています。

逆に、「低」のキーワードで書いても、なかなか検索上位に入れない物もあります。

 

だから、「高」だから上がりにくい、「低」だから上がりやすいっていう話ではないって結論にいきつきました。

 

要は、そのキーワードで実際検索をしたときの、ライバルサイトのコンテンツ次第っていう感じです。

 

確かに、お金につながるキーワードだからこそ、ちゃんと作っているサイトが検索上位を独占している場合も多いです。

でも、そうじゃない場合もあります。

 

だから、ちゃんと狙ったキーワードでリサーチができるか、そこでライバルの強さを判断できるかどうかっていう話です。

その競合調査の話も、別の記事で詳しく書けたらと思います。

 

話が膨らみましたが、戻します。

 

●推奨入札単価

リスティング広告

上の画像のように、赤枠で囲まれていて黄色く「広告」って表示されているページっていうのが、Googleに広告費を払って、検索1ページ目に表示してもらっているサイトたち。

推奨入札単価っていうのは、実際にこの画面で検索ユーザーがクリックしてそのサイトを訪問した時の1クリック当たりの料金。
クリック単価

 

手っ取り早くGoogleに検索上位に上げてもらうためには、広告費を払えばいいんです。

その広告費がいくら必要かっていうのは、以下の通り。

クリック数×1クリック当たりの単価=広告費

これです。

1クリック当たりの単価は、検索上位に表示させたいキーワードによって違います。

1円のものもあるし、1000円以上のものもあります。

 

例えば、「クレジットカード 即日発行」っていうキーワードは、1クリック1124円もします(2015年8月4日時点)

1クリックですよ。

 

それが、その広告主のサイトの売上につながらなかったとしても、検索結果でクリックされるたびに、チャリンチャリンと1124円がGoogleに支払われることになります。

 

ただし、支払える広告費は限度を決めておけるので、予算以上の広告費は使わずに済むようにはなっています。

だからといって、イタズラクリックはやめようね!

 

以上の事を考えて、どんなキーワードを使って、どんなコンテンツを作ろうか考えてみて欲しいと思います。

 

 

キーワードプランナーの便利な使い方

ここからは、さらにキーワードプランナーを使いこなすための活用術を紹介します。

 

 

キーワード候補を並べ替える方法

これは簡単です。

キーワードプランナー使い方10

  • キーワード(関連性の高い順)
  • 月間平均検索ボリューム順
  • 競合性順
  • 推奨入札単価順

それらの項目をクリックするだけで、順番が綺麗に並べ替えられます。

こんな感じ↓ ※(これは月間平均検索ボリュームをクリックした場合の図)キーワードプランナー使い方11

 

 

あるキーワード候補の月間検索ボリュームの変遷を調べる方法

いちいち、気になったキーワード候補をまた調べ直せば、過去1年間の検索ボリュームの変遷を見る事はできます。

でもそれでは面倒!

 

そういう場合は、キーワード候補の月間検索ボリュームの左にあるグラフマークにマウスのポイントを当てると、グラフが表示されます↓
キーワード候補の検索ボリュームの変遷

ここをしっかり見る事で、年間通して安定的に検索されているキーワードか、それとも過去に一時的に検索ボリュームが上がっていて、今はほとんど検索されていないキーワードかが分かります。

 

 

余裕があったらここまでちゃんと見ようぜ!

スーパー森永君

 

 

 

キーワード候補を一気にダウンロードしてExcelで見る方法

 

ちまちまキーワード候補を毎回取得して、、、っていうのが面倒なら、一気にデータをダウンロードする事もできます。

 

グラフのちょっと右下に「ダウンロード」っていうボタンがあるのでクリック ↓excelデータとしてダウンロードする方法1

 

Excel用CSVにチェックを入れて「ダウンロード」ボタンをクリック ↓excelデータとしてダウンロードする方法2

 

5~10秒時間がかかる感じです ↓
excelデータとしてダウンロードする方法3

 

ダウンロードが終わったら、「ファイルを保存」をクリックします ↓
excelデータとしてダウンロードする方法4

 

そうすると、あなたのPCにデータが落ちてきます ↓excelデータとしてダウンロードする方法5

 

あとは、保存したファイルの上で、Windowsなら右クリック>プログラムから開く>Microsoft Excelってやると ↓excelデータとしてダウンロードする方法6

 

こんな感じで、さっきのキーワード候補のデータが一気に落とせます ↓ こりゃ便利だぜ!excelデータとしてダウンロードする方法7

 

ちなみに赤枠で囲った項目の部分は全て英語になってしまっていますが、なんとなく分かると思います。一応説明を。

  • Ad group → 広告グループっていう意味。「Seed Keywords」があなたが入力したもとのキーワード。Keyword Ideasっていうのがキーワード候補の事。
  • Keyword → キーワード候補。実際の1語、2語、3語などの複合キーワードが出てくる。
  • Currency → 広告費に使える通過。JPYは日本円。
  • Avg. Monthly Searches → 月間平均検索ボリューム
  • Competition → 競合性。ここでは高・中・低では表されずに数字で表現されている。0から1に行くにつれて、競合性が高くなる。【例:0.01(競合性が低)、0.98(競合性が高)】
  • Suggested bid → 推奨入札単価

 

このExcelに出力すれば、キーワードプランナーを開かなくても、キーワード選びができますよね。

 

 

除外キーワードを設定する

例えば、「ブログ」っていうキーワードについて調べたいけど、「アメブロ」に関係するキーワードは出てきてほしくない。

そういう時は、「除外キーワード」というメニューを使います。

 

左の方のメニューに「除外キーワード」っていうメニューがあります ↓ そこをクリック。除外キーワードの使い方

 

除外キーワードを入力っていう所に、この関連キーワードは出てきてほしくないっていう語句を入れます ↓ ちなみに、改行をすることで、複数設定できます。
除外キーワードの使い方2

ほんで保存をクリックすると、キーワード候補の中に、除外キーワードに指定したものは出てこなくなります。

 

 

 

色んなキーワードについて、一気に調べたい

例では、「ブログ」っていう一語を「宣伝する商品やサービス」という所に入力して、キーワード候補を出しました。

だけど、他のキーワード候補を探したい時に、いちいち違う単語を入力して、戻って、、、みたいな作業がめんどい!

 

そういう場合は、2通りやり方があります。

 

1)初めの画面で、改行していくつもキーワードを入れる

複数を指定するとき1

この赤枠の部分に、改行をしてどんどん単語を突っ込んでいけば、結果としてもこれらそれぞれに関係するキーワード候補が出てきてくれます。

 

2)以下の画面で「,」カンマで区切る

複数を指定するとき

上の検索まどに、「,」(カンマ)で区切って色んなキーワードを入れても大丈夫なんです。

 

 

 

出てくるキーワード候補に条件を付ける方法

例えば、以下のように指定してあげれば、

  • 1000以上の月間平均ボリュームで
  • 競合性が低で

みたいな絞り込みもできる。

 

キーワードフィルタをクリック ↓
キーワードフィルタ1

 

ここで、いろんな条件が入力できる ↓
キーワードフィルタ2

 

 

ざーっとだけどこんな感じで色々できる。

 

まとめ

Google検索を意識してコンテンツを作るなら、絶対はずせないのが、キーワードプランナー。

この基本的な使い方をマスターして、コンテンツ作りに活かしていきましょう。

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

e-book

運営者JUNICHIについて

プロフィール

株式会社ファンファーレ
代表取締役 松原 潤一

ブログマーケッターのJUNICHIです。
ブログを書いて、人に喜んでもらいながら集客までできてしまう「ブログマーケティング」を専門に扱う会社『株式会社ファンファーレ』の人です。

ほんまはふざけるのが大好き。社長になってもおもろいおっさん目指して頑張ります。

漫画を描くのも大好物。一度きりの人生、自分の「夢」を大切にしたいと思います。

⇒詳しいプロフィールはこちら

ブログ集客と収益化がオンラインで学べる!!
ブログマーケティングスクール

『集客』さえできれば、ほぼどんなビジネスも成功させることができます。

そしてブログは、現在のWEBメディアの中でも、最も強力な『集客メディア』として位置づけられています。

ブログマーケティングスクールでは、コンテンツマーケティング・SEOを意識したWEBマーケティングがオンラインで学べるスクールです。

BMSバナー

ブログマーケッターJUNICHI
×
OPEN CAGEコラボWordPressテーマ

STORK

あなたは今自分のサイトがスマートフォンからどれだけの人が見ているか知っていますか?

実は、2016年6月現在、6割~8割の人がスマホからブログを読んでいます。

なので、スマホから見た時に「分かりやすい」「使いやすい」「便利」というWordPressテーマが必要です。

『新しいスマホビュー時代を作ろう!』

がコンセプトの『STORK(ストーク)』を是非お試しください。