Googleアナリティクスで主な4つの流入元を調べる方法

analytics

この記事を書いている人 - WRITER -

色んな人にブログ運営の事を教えている。得意なのはブログ集客・SNS活用法・SEOライティング。
※このおっさんの取扱注意点:ブログと漫画を描くのが好きで、書けない日が続くとストレスで爆発する。 ⇒詳しいプロフィールはこちら 

JUNICHI

今回の記事では、Googleアナリティクスを使って、アクセスの流入元を調べる方法を解説します。
流入元っていうのは、どこからあなたのサイトに訪問があったか、ということですね。

これを知っておくと、弱い流入元への対策ができるので、しっかりと把握をしておきましょう。

主な流入元とは?

あなたのサイトへの流入元っていうのは主に4つに分けられます。

  • Organic Search ⇒ Google検索やYahoo検索などの検索
  • Social ⇒ FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア
  • Referral ⇒ Social以外の参照元サイト(feedly、Gunosy、どこかのブログなど)
  • Direct ⇒ 特定の参照元サイトが無い場合のアクセス

調べられる限り各流入元を細かく分けてみたよ

Organic Search

  • google / organic ⇒ Google検索
  • yahoo / organic ⇒ Yahoo検索
  • search.smt.docomo / organic ⇒ docomo検索
  • auone / organic ⇒ au検索
  • rakuten ⇒ 楽天検索
  • biglobe ⇒ BIGLOBE検索
  • goo.ne ⇒ goo検索
  • bing ⇒ Bing検索
  • ask ⇒ Ask検索
  • avg
  • babylon ⇒ バビロン検索
  • aol
  • globo

Social

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark
  • Hatena Diary
  • Pocket
  • Ameba
  • Naver
  • Netvibes
  • FC2
  • mixi
  • Tumblr
  • Digg
  • Pixiv
  • Paper. li
  • Blogger
  • Yahoo! Bookmarks
  • Youtube

Referral

上記の、Organic SearchとSocial以外のサイト

Direct

別のWEBサイト以外からの流入の事です。アナリティクスヘルプでは、ブックマークからの流入、URLを直接入力しての流入と書かれていますが、さらにメルマガからの流入もDirectとしてカウントされることが確認されています。

  •  ブックマークからの直接の流入
  • URLを直接入力しての流入
  • メルマガからの流入

流入元の調べ方

流入元を調べるには、Googleアナリティクスの「集客」のレポートを見ると分かりやすいです。
Googleアナリティクスの左のメニューから「集客」⇒「サマリー」の順でクリックしてみて下さい。

流入元の調べ方1

すると、こんな画面がでてきます ↓

流入元の調べ方2

この集客のサマリーレポートでは、あなたのサイトにどこからユーザーが来ているのか、という事が分かります。

例えば、以下の円グラフでは主な流入元4項目(Organic Search、Social、Referral、Direct)の割合が分かります↓

流入元の調べ方3

画面を下にスクロールさせると、以下のような表が出てきます。
実際に、どんなサイトからの流入かはこの表を使って詳しく見る事ができます。

流入元の調べ方4

流入元「Organic Search」の簡単な見方

どんなキーワードであなたのサイトへ流入があったのか調べる方法

まずは、表の「Organic Search」という文字をクリックします ↓

流入元の調べ方5

すると、以下の画面のような表に切り替わります↓

Organic Search1

この画面では、Organic Search、つまり検索からの流入の中でも「どんなキーワードで」あなたのサイトへ流入があったのか?が分かります。

しかし、現在はGoogleユーザーがGoogle検索をした際のキーワードは分からないようになっているので、「not provided」と表示されてしまっています。

キーワードが分かるのは、Google検索以外という事になりますね。

どの検索エンジンから流入があったのか調べる方法

次に、表の少し上の部分の「参照元」という所をクリックすると ↓

Organic Search2

以下のような表に切り替わって、どの検索エンジンからあなたのサイトへの流入があったのかが分かります。これを見ると、google検索がダントツで多いですね↓

Organic Search3

流入元「Social」の簡単な見方

次に、ソーシャルメディアからの流入を調べてみます。表のSocialをクリックしてみて下さい。

流入元の調べ方7

すると、以下のような表に切り替わります↓

social

これを見れば、あなたのサイトがどのソーシャルメディアに強くて、どれに弱いかが分かりますね。

流入元「Referral」の簡単な見方

次に、検索、ソーシャル以外の参照元サイトの流入を調べてみます。表のReferralをクリックしてみて下さい

流入元の調べ方8

すると、以下のような画面が出てきます↓

referral

これを見る事で、あなたのサイトがどのメディアで紹介されたのか?という事が分かりやすいですね。

流入元「Direct」の簡単な見方

同じく、表のDirectをクリックしてみて下さい。

流入元の調べ方6

そうすると、以下のような画面が出てきて、Direct、つまり直接あなたのサイトに来るきっかけとなるページやコンテンツを知ることができます。

direct1

これを見ると、どのページがユーザーに気に入ってもらえているのか、がなんとなく分かりますね。

まとめ

Googleアナリティクスの「集客」のレポートを使えば、こんな風に簡単にあなたのサイトへの流入元を知ることができます。

それぞれからバランスよく流入があればいいのですが、特にOrganic SearchやSocialからの流入は対策さえすれば簡単に増やすことができます。

あなたのサイトの弱い流入元への対策をするための参考になるレポートなので、この機会にぜひ使いこなしてみて下さい。

メニューボタン
analytics

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

 

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

ebook

ブログ集客と収益化がオンラインで学べる!!
ブログマーケティングスクール

『集客』さえできれば、ほぼどんなビジネスも成功させることができます。

そしてブログは、現在のWEBメディアの中でも、最も強力な『集客メディア』として位置づけられています。

ブログマーケティングスクールでは、コンテンツマーケティング・SEOを意識したWEBマーケティングがオンラインで学べるスクールです。

BMSバナー

 

ブログマーケッターJUNICHI
×
OPEN CAGEコラボWordPressテーマ

あなたは今自分のサイトがスマートフォンからどれだけの人が見ているか知っていますか?

実は、2016年6月現在、6割~8割の人がスマホからブログを読んでいます。

なので、スマホから見た時に「分かりやすい」「使いやすい」「便利」というWordPressテーマが必要です。

『新しいスマホビュー時代を作ろう!』

がコンセプトの『STORK(ストーク)』を是非お試しください。

STORK

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

    ABOUTこの記事をかいた人

    色んな人にブログ運営の事を教えているブログ集客の専門家。得意なのはブログ集客・SNS活用法・SEOライティング。※このおっさんの取扱注意点:ブログと漫画を描くのが好きで、書けない日が続くとストレスで爆発する。