デジタルマーケッター・ブログ集客専門家 時々 おもろいおっさん

【GA4】Googleアナリティクス4のイベント設定方法|特定のページビューを計測する手順

    
GA4イベント設定
\ この記事を共有 /
【GA4】Googleアナリティクス4のイベント設定方法|特定のページビ...

ども!デジタルマーケッターのジュンイチです。

Googleアナリティクスですが、ユーザーからの特定のアクションを「イベント」というカタチで計測できます。

ガラッと新しくなったGA4での設定方法については、今までとちょっと変わっていますし、イベントを設定しないとコンバージョン計測ができないので、この機会にぜひ設定できるようになりましょう!

今回は特定のURLを見られたときにイベントとして計測するための「カスタムイベント」の設定方法をお伝えしまっす!

イベントが設定できると、あなたのWebサイトのユーザーの動きの分析もしやすくなるよ!

ジュンイチ

今回計測できるようになること

今回の設定では、

特定のURLにアクセスしてもらった回数やユーザー数を「イベント」として計測できるようになります

例えば、以下のようなケースで役に立つんじゃないかなと!

  • メルマガ登録後に表示されるサンキューページに到達した数を計測したい
  • 購入後に表示されるサンキューページに到達した数を計測したい
  • お問合せ完了後にサンキューページに到達した数を計測したい

などなど、「このページに来た」=「成約があった」というのを計測できるようになります。

ではでは、早速以下から「イベント」での計測方法をお伝えしますね。

今回紹介する方法は2通り!

  1. GA4の画面で直接設定する方法
  2. Googleタグマネージャーを使って設定する方法

の2種類を紹介しますね。

↓ それぞれご希望の設置方法をクリックしてください。

方法1)Googleアナリティクス4【GA4】内で直接設定する方法

STEP1.Googleアナリティクス4でカスタムイベントを作る

↓ まずは、到達数を「イベント」として計測したいWebページを用意しておきましょう。(例:https://dejima-labo.com/thanks)

GA4でカスタムイベント設定

↓次にGA4の画面の左のメニューで「すべてのイベント」をクリック

GA4でカスタムイベント設定

↓「イベントを作成」をクリック

GA4でカスタムイベント設定

↓「作成」をクリック

GA4でカスタムイベント設定

次の画面では、以下のように入力していきましょう。

↓ (1)カスタムイベント名には好きな名前をつけてください。

GA4でカスタムイベント設定

※↑カスタムイベント名は、本来なら推奨イベントと呼ばれる、予めGoogleアナリティクスが用意している名前をつけたほうがいいみたいですが、計測したいものに当てはまるものが少なそうだったので、自分で好きな名前をつけても大丈夫です。詳しくは「【GA4】Googleアナリティクス4のイベントは何が計測できるのか?」でも解説しました。

↓ (2)次に、「一致する条件」の欄は値に「page_view」を入力しましょう。

GA4でカスタムイベント設定

↓ 続いて「条件を追加」をクリック。もう1行条件を追加しましょう。

GA4でカスタムイベント設定

↓以下のように(3)page_location (4)含む (5)計測したいURL を入力して「作成」をクリック

GA4でカスタムイベント設定

↓ そうすると、カスタムイベントであなたが計測したいイベントが作成されました!

GA4でカスタムイベント設定

↓ あとはこの画面を閉じておきましょう。

GA4でカスタムイベント設定

GA4での設定作業はこれでOKです。次に、ちゃんと設定できているか?の確認作業にいきましょう!

方法2)タグマネージャーを使って設定する方法

STEP1.タグマネージャーでイベントを設定しよう

タグマネージャーを導入したことがない方は、まずは導入しましょう。
こちらの「初心者さん向けタグマネージャーの導入方法」を参考にしてみてくださいませ!導入ができている方は、以下に進みましょう。

↓ 計測したいページを用意しておきましょう。
 (例:https://dejima-labo.com/thanks)

GA4でカスタムイベント設定

ではまずはタグマネージャーにいきましょう。
Googleタグマネージャー(公式)へ行く

↓ タグマネージャーの左のメニューで「トリガー」をクリック

↓ 右上の「新規」をクリック

↓ トリガーに分かりやすい名前をつけてください。(例:サンキューページ閲覧トリガー など)

↓ 次に「トリガーの設定」の大きなカードの上をクリック

↓ トリガーのタイプは「ページビュー」を選びましょう!

↓ このトリガーの発生場所は、「一部のページビュー」にチェック

(1)Page URLを選択(2)「含む」を選択 (3)計測したいURL を入力。

右上の「保存」をクリックして次にいきましょう。

↓ 左のメニューの「タグ」をクリック

↓「新規」をクリック

↓ タグに分かりやすい名前をつけましょう(例:サンキューページ閲覧イベントタグ など)

↓ タグの設定の真ん中らへんをクリック

↓ 右から色んなメニューが出てくるので「Googleアナリティクス:GA4イベント」を選択

↓ (1)設定タグには、GA4を設置したときに作った変数を。(2)イベント名は、GA4のレポートに出したい好きなイベント名をつけてください。

それ以外の部分は、特に設定不要です。次に、下の方にいきましょう。

↓「トリガー」のところをクリック。(広いカードのどこをクリックしてもOK)

↓ 先程作ったトリガー名をクリック。

↓ 右上の「保存」をクリック。

↓画面が切り替わるので、更に右上の「公開」をクリック。

↓ バージョン名・バージョンの説明には、どんな内容を実施したか適当に入力してください。(空白でも先に進めます)

↓ 最後に右上の「公開」を押して設定完了!

ここまでできたら、ちゃんと設置できているか?確認作業にいきましょう。

STEP2へ!

STEP2.イベントの計測ができているか?リアルタイムで確認しよう

方法1でも方法2でも、ちゃんと設定ができているか?確認せなだめですよね。そこで、データがちゃんと取れているか?確認方法をお伝えします。

まずは、GA4の画面に行きましょう。

↓ 左のメニューの「リアルタイム」をクリック

↓ そしたら、スマホや別の端末で実際に計測したい特定のページにアクセスしてみてください。

↓ そこで、リアルタイムの「イベント数」というところに、自分が設定したイベントが計測されていれば設定はバッチリ!

これで、特定のURLに来た人や回数を「イベント」として計測できるようになりました!

おめでとう!

まとめ

今回やったことは、

あなたのWebサイトの特定のURLへのアクセス回数や訪問したユーザー数を「イベント」として計測するための設定です。

方法は2パターン紹介しました。

  1. Googleアナリティクス4の画面自体で設定する方法
  2. Googleタグマネージャーで設定する方法

どちらでも結果は同じなので、好きな方で設定してみてくださいね。

今後もGA4の情報もどんどんお伝えしますね。ではまた次回!

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで しかも無料で配布することにしました。

【今すぐ読める無料Ebook】 広告費を一切使わずブログだけで 19,000人以上を集客した全手法!

総ページ100ページ以上の 大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

Ebook