デジタルマーケティング専門家/デジタルマーケッター・ブログ集客専門家 時々 おもろいおっさん

Facebook広告の「合算イベント測定」の設定方法

 
合算イベント測定
この記事を書いている人 - WRITER -
デジタルマーケティング専門家、ブログ集客の専門家。ブログ・SNS活用・SEO・動画などなど現代のデジタルメディアを使ったマーケティングが大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、デジタルマーケッターのジュンイチです。

AppleのiOS14により、Facebook広告運用者は大きな影響をうけることになりましたよね。(詳しくは「Facebook広告「AppleのiOS14が広告に及ぼしうる影響」について調べてみた」を参照してください)

今回ご紹介する「合計イベント測定」という設定なんですが、これをすることで、

  • ウェブコンバージョンイベントの測定
  • Facebook広告のキャンペーンの最適化

など、iOS14の影響を受けにくくすることができる必須の設定だと考えています。ぜひこの機会にやっておきましょう!

実際の設定画面を使いながら解説していくよ!

ジュンイチ

合算イベント測定の設定をするための3つの前提条件

以下の2つが今回の設定に進むための前提条件です。

  1. Facebookのビジネスマネージャーのアカウントがあり、管理者権限をもっていること
  2. Facebook広告を出すサイトのドメイン認証が済んでいること
    ⇒やり方は「Facebook広告運用者必見!ドメイン認証をする方法」で解説しています。
  3. すでにFacebookピクセルをサイトに設置して広告運用をしていること

この3つを満たしている方は次に進みましょう!

合算イベント測定の設定方法

では、まずはFacebookのビジネスマネージャーに行きましょう。
Facebookビジネスマネージャーへ

↓ 左上の「・」が9個並んだメニューをクリックし、「イベントマネージャ」というメニューに進みましょう。

合算イベント測定

↓ 次に、合算イベント測定をしたいピクセルを選んでください。

合算イベント測定

↓次に、右の方のちょっと下に「合算イベント測定」というメニューがあるのでクリック

合算イベント測定

↓ 初めてだと説明が出てくるかもしれないので、スタートしてどんどん説明を読んで進めましょう

合算イベント測定

↓ ガイドを見終わると、以下のような画面になると思うので「ウェブイベントを設定」をクリックしましょう。

合算イベント測定

↓ 次に、合算イベント測定を設定したいドメインをクリックしましょう。

合算イベント測定

↓ 注意書きがでてくるのですが、「編集」ボタンを押して進めばOKです。

合算イベント測定

↓ 次に右の方にある「イベントを追加」ボタンを押しましょう。

合算イベント測定

↓次の画面では、「ピクセル/カスタムコンバージョン」の欄には合算イベント測定をしたいピクセルかカスタムコンバージョンを選びましょう。またイベント名は、追加したいイベントを選択しましょう。

合算イベント測定

「購入」のイベントを選んだ時はバリューへの最適化のオン・オフを選ぶことができます。

↓ ちなみにここで設定できるイベントは最大8個までです。Facebook広告で計測したいコンバージョンイベントはすべて登録しておきましょう。

合算イベント測定

↓ また左の方にある「優先度」は各イベント左の「・」が6つ並んだボタンを押しながら上下させることで変更することができます。より計測を優先したいイベント、より最適化したいイベントを上の方にもっていきましょう。

合算イベント測定

↓これでOKであれば「送信」ボタンを押してください。

合算イベント測定

↓ 変更の確認画面が出るので、下の方のチェックを入れてから適用」ボタンを押しましょう。

合算イベント測定

↓この画面が出れば合算イベント測定の設定が完了です!

合算イベント測定

設定作業はこれでOKだよ!

ジュンイチ

合算イベント測定にはどんなイベントを選んだらいいの?

合算イベント測定には、最大8つまでしか登録できないんですよね。

なので、慎重に選んでください。公式サイトには、

ビジネスにとって最も価値のあるデータを送信するイベントを選択するようにしてください。このイベントから得られたデータは、広告キャンペーンのターゲット設定、最適化、効果測定に使用されます。

Facebook広告「合算イベント測定を使用するためにイベントを設定する」より引用

と書かれています。

例えば、僕ならメルマガ登録などのリード獲得や、商品販売が重要なイベントなので、

  • リード
  • 登録完了
  • 購入

あたりが最重要なイベントって言えますね。それに対して、

  • Webサイトに来てもらうようなイベントの「トラフィック」
  • FacebookやInstagram上の反応を増やす「エンゲージメント」

などは、重要度は下がるんですよね。

合算イベント測定を利用するときの注意点

合算イベント測定を設定するときには最大8つのイベントを設定できるんですが、例えばユーザーが複数のコンバージョンイベントのアクションを取った場合は、優先度が高いものしか測定されないみたいです。

例えば、広告からのユーザーがメルマガ登録を完了し、そのまま登録完了のサンキューページで購入などのアクションを行った場合、

優先度を高くした「登録完了」が計測されて「購入」は計測されない、という感じになります。

なので、実際のコンバージョン数よりも少なく計測できないことが予想されます。これは覚えておくといいですね。

まとめ

昨今のデジタル広告周りのトラッキングやデータ収集に対する規制が強くなってきたこともあり、Facebook広告もいろんな変化が起きています。

特に、今回はApple端末のiOS14ユーザーへの対策として絶対やっておいたほうがいい設定「合算イベント測定」について解説しました。

ぜひ、以下と合わせて読んで設定してみてください。

■AppleのiOS14対策としてFacebook広告運用者がやっておくべき3つのこと

1.何がどう変わるのか?を理解する

2.ドメイン認証(設定必須)

3.合算イベント測定(設定必須)(今回の記事)

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

【今すぐ読める無料Ebook】
広告費を一切使わずブログだけで
19,000人以上を集客した全手法!

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

Ebook

この記事を書いている人 - WRITER -
デジタルマーケティング専門家、ブログ集客の専門家。ブログ・SNS活用・SEO・動画などなど現代のデジタルメディアを使ったマーケティングが大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら