デジタルマーケティング専門家/デジタルマーケッター・ブログ集客専門家 時々 おもろいおっさん

Facebook広告「AppleのiOS14が広告に及ぼしうる影響」について調べてみた

 
FB広告Apple
この記事を書いている人 - WRITER -
デジタルマーケティング専門家、ブログ集客の専門家。ブログ・SNS活用・SEO・動画などなど現代のデジタルメディアを使ったマーケティングが大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、デジタルマーケッターのジュンイチです。

先日から、Facebook広告に以下のようなお知らせというか警告が出るようになりました。

iOS 14での変更による広告アカウントへの影響に備える

​Appleから発表されているiOS 14関連の変更により、Facebookピクセルなどのツールからのイベントの受信や処理方法に影響が生じます。この変更により、合算イベント測定を使用してiOS 14デバイスからのウェブイベントの処理を開始します。これは、効果的なキャンペーンを実施しながら利用者のプライバシーを保護する広告主の取り組みをサポートするものです。報告されるコンバージョンの数が減少し、一部の広告の特定のデバイスへの配信が一時停止または停止する可能性があります。リソースセンターにアクセスして、この変更によるあなたの広告アカウントへの影響や、対応準備に役立つリストをご確認ください。

引用:Facebook広告マネージャーより

はい。ちょっとどういうことか?っていうのを調べて今日は分かりやすく解説できたらなと思います。

Facebook広告をやっている方は必見!

ジュンイチ

一体どういう影響があるの?簡単にまとめてみた

公式のドキュメント「AppleのiOS 14リリースが広告に及ぼしうる影響について」を僕なりに読み取ったところ、以下のような感じだと理解しました。

  • 影響があるのは、iPhoneとかiPad、MacなどのiOS 14デバイスからFacebook広告を見るユーザー日本ではかなり多そう!
  • Facebookピクセルを使っていると、コンバージョンイベントの受信、処理に影響がある(正しくコンバージョンが計測されなくなる
  • コンバージョンイベントの最適化、ターゲット設定、レポートがうまくできなくなる(広告の最適化が妨げられてしまう

もっと雑に一言でまとめて、Facebook広告運用に悪影響があるってこと。

なんで?じゃあどうすればいいの?って事を調べてみた。

なんで、AppleのiOS14の端末ユーザーにFacebook広告の影響が出てしまうの?

Appleの新しいiOS14では、許可したユーザー以外は、情報収集や共有を禁止するからなんですよね。

例えば、Facebook広告って以下のような仕組みで動いている部分もあるんですよね。

■今まではこうだった

1)FB広告を見たユーザーAが、広告主のサイトに飛ぶ

2)広告主のサイトで、一定の行動をする(例:お申込み、メルマガ登録など)

3)FB広告側は、「ユーザーAが成約する行動をしたんだな」という情報を収集したり共有する

4)3)で集めた情報をもとに、FB広告のシステムはその後もユーザーAに近い、成約しそうなユーザーたちに広告を流そうと最適化をしていく

つまり、AppleのiOS14では、ユーザーが許可しない限り3)4)の部分を禁止してしまうので、広告運用の最適化に繋がりにくくなるんですよね。

■今後は対策をしないとこうなる(iOS14を使っているユーザーに対して)

1)FB広告を見たユーザーBが、広告主のサイトに飛ぶ

2)広告主のサイトで、一定の行動をする(例:お申込み、メルマガ登録など)

3)FB広告側は、「ユーザーBが成約する行動をしたんだな」という情報を収集したり共有できなくなるレポートにちゃんと数字が反映されない

4)最適化できる情報が少ないので、FB広告のシステムはその後も成約しそうなターゲットに広告を配信できなくなる(広告運用の最適化が進みにくい

広告が最適化できないのは、広告主にとって困るよね…。
でも、ちゃんと対策ができるみたいだから安心して!

ジュンイチ

どんな対策をしたらいいの?

大きく2つパターンがあります。

  1. アプリを使っている場合
  2. ウェブサイトを使っている場合

1.アプリの場合の対策

これは僕はあまり関係ないんだけど一応。アプリを広告にかける場合は、

2.ウェブサイトの場合の対策

僕もそうだけど、比較的ほとんどの広告主の方はこちらに当てはまるんじゃないかな。

  • ウェブサイトのドメイン認証をする
  • イベントマネージャーで優先度の高いウェブコンバージョンイベントとして8件設定する(最適化できるコンバージョンイベントが8件に制限されるため)

まとめ

とりあえず今回調べたのはこんなところです。

とりあえず、絶対覚えておいたほうがいいのはコレ↓

『Facebook広告運用をしている人は、AppleのiOS14対策をしないと、広告運用が最適化できなくて困るよ』

ってこと。もう少し次回以降の記事では、具体的にどんな手順で対策をしたらいいのか?を解説していきます。

■AppleのiOS14対策としてFacebook広告運用者がやっておくべき3つのこと

1.何がどう変わるのか?を理解する(今回の記事)

2.ドメイン認証(設定必須)

3.合算イベント測定(設定必須)

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

【今すぐ読める無料Ebook】
広告費を一切使わずブログだけで
19,000人以上を集客した全手法!

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

Ebook

この記事を書いている人 - WRITER -
デジタルマーケティング専門家、ブログ集客の専門家。ブログ・SNS活用・SEO・動画などなど現代のデジタルメディアを使ったマーケティングが大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら