デジタルマーケッター・ブログ集客専門家 時々 おもろいおっさん

Facebook広告運用者必見!ドメイン認証をする方法

 
FB広告ドメイン認証
この記事を書いている人 - WRITER -
デジタルマーケティング専門家、ブログ集客の専門家。ブログ・SNS活用・SEO・動画などなど現代のデジタルメディアを使ったマーケティングが大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!デジタルマーケッターのジュンイチです。

Facebook広告を運用をしているなら、ぜひやってほしいのが「ドメイン認証」という作業。

ドメイン認証をすることで、Facebook側に「このWebサイトは私のサイトだよ!この広告を出しているのは私だよ!」と証明することができます

Facebook広告「AppleのiOS14が広告に及ぼしうる影響」について調べてみた」にも書いたとおり、ドメイン認証をしないとFB広告の最適化をすることができないんですよね。

そこで今回は、ドメイン認証の方法を解説していきます!

画面キャプチャを使って解説するので、見ながら一緒に作業を進めてみてください!

ジュンイチ

ドメイン認証の設定方法(画像つき解説)

前提として、Facebook広告をビジネスマネージャーを使って管理している必要があります。まだビジネスマネージャーのアカウントがない場合、ビジネスマネージャーのアカウントを取得してください。

では、作業を進めていきましょう。

まずは、Facebookのビジネスマネージャにいきましょう。
公式ビジネスマネージャーへ

↓ 左のメニューに「ビジネス設定」という項目があるのでクリック

FB広告ドメイン認証

↓ 項目が見当たらない場合は、この「・」が9個固まっているメニューボタンをクリックしてから「ビジネス設定」にいけます。

FB広告ドメイン認証

↓ 次に、左のメニューの「ブランドセーフティ」から「ドメイン」を選びましょう。

FB広告ドメイン認証

↓ ドメインの追加メニューが出るので「追加」という青いボタンをクリック。

FB広告ドメイン認証

↓ ドメイン名のところに、認証させたいドメインを入力。その後「ドメインを追加」ボタンをクリック

FB広告ドメイン認証

■ポイント

認証させたいドメインは

  • FB広告から飛ばしたいウェブサイトやLPのドメイン
  • コンバージョンをトラッキングしたいサンキューページのドメイン

など、ユーザーを追いかけたいページのWebサイトのドメインをすべて登録することをオススメします。

↓ドメインの認証方法を聞いてきます。どれでもいいんですが、今回は「HTMLファイルアップロード」を使って認証させていきます。

FB広告ドメイン認証

↓ 次に基本ステップ1の「HTML verification file」という青い文字をクリックしてください。(ファイルをダウンロードします)

FB広告ドメイン認証

まずはここまで。このビジネスマネージャーの画面はそのまま残しておいて次の作業に進みましょう。

認証ファイルをサーバーにアップロード

ダウンロードしたファイルは、あなたが使っているサーバーにアップロードする必要があります。

アップロードする場所としては、

ドメイン名>public_html

の中にアップロードすることになります。

やり方がわからない方のために、今回は、エックスサーバーを使っている方のために画面を用意しました。

↓ まずはエックスサーバーアカウントにいき、ログインをしましょう。

FB広告ドメイン認証

↓ 次に「ファイル管理」をクリック

FB広告ドメイン認証

↓ 認証したいドメインのフォルダをクリックして選択。

FB広告ドメイン認証

↓ 次に「public_html」フォルダをクリックして開きます

FB広告ドメイン認証

↓次の画面で「アップロード」というメニューを選びましょう

FB広告ドメイン認証

↓ ここに、先程ダウンロードしたファイルを入れて、アップロードボタンまで押しましょう。

FB広告ドメイン認証

ここまでで、サーバーの作業は終わり!

Facebookビジネスマネージャーに戻って認証作業

つづいて、ビジネスマネージャーに戻り「認証する」という緑のボタンをクリックしましょう。

FB広告ドメイン認証

↓ このように「認証されました」と出ればOKです!

FB広告ドメイン認証

今回の作業的にはここで終わり!
あと1つ注意点だけあるから以下に少し書いておくね。

ジュンイチ

注意点!1つのドメインは複数のビジネスマネージャーで認証できない

ドメイン認証は、1つのドメインに対して1つのビジネスマネージャーでしか認証できないんですよね。(1つのビジネスマネージャーにつき、複数のドメイン認証は可能です)

例えば、以下にできる場合とできない場合を書いておきますね。

○できる場合(1)

AさんのWebサイトのドメイン(abc.com)をAさんのビジネスマネージャーで認証。BさんのWebサイトのドメイン(def.com)をBさんのビジネスマネージャーで認証。

1ドメインに対して、1つのビジネスマネージャーになっているからOK。

○できる場合(2)

AさんのWebサイトのドメイン(abc.com)をAさんのビジネスマネージャーで認証。BさんのWebサイトのドメイン(def.com)をAさんのビジネスマネージャーで認証。

Aさんのビジネスマネージャーで複数のドメインを認証させるのはOK。

×できない場合

AさんのWebサイトのドメイン(abc.com)をAさんのビジネスマネージャーで認証。BさんのWebサイトのドメイン(def.com)をAさんとBさん2人のビジネスマネージャーでそれぞれ認証。

AさんBさん両方のビジネスマネージャーで、1つのドメインを認証させるのは無理。AさんかBさんどちらかのビジネスマネージャーでしか認証させられない。

特に、複数の広告を管理する方は気をつけてね。

まとめ

ということで、今回はFacebook広告の「ドメイン認証」のやり方を解説しました。

ドメイン認証をさせることで、あなたのWebサイトの所有権をしっかりFB側に伝えることができます。その結果、広告運用の最適化ができる機能も使えるようになるので、ぜひ早めにやっておきましょう!

次の記事では、これもFB広告運用の最適化をするために必須の「合算イベント測定」の設定方法を解説していきますね。

■AppleのiOS14対策としてFacebook広告運用者がやっておくべき3つのこと

1.何がどう変わるのか?を理解する

2.ドメイン認証(設定必須)(今回の記事)

3.合算イベント測定(設定必須)

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

【今すぐ読める無料Ebook】
広告費を一切使わずブログだけで
19,000人以上を集客した全手法!

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

Ebook

この記事を書いている人 - WRITER -
デジタルマーケティング専門家、ブログ集客の専門家。ブログ・SNS活用・SEO・動画などなど現代のデジタルメディアを使ったマーケティングが大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら