ブログ中心のWEBマーケティングのほんまの情報が漫画を読むように面白く学べるサイト。

【無料】めちゃオモロくてためになる『ザ・ブロガー~ブログ収益化の教科書~』はこちら!

自分の子どもが邪魔なの?子供を持つ資格がないなんて言いたくないけど、そういう親は確実におるよね

 
  2016/03/17
 
娘たち
この記事を書いている人 - WRITER -
ジュンイチ

ブログ集客の専門家。ブログが一番ですが、WEB周りの事はたいていできます。SNS活用・SEO・マーケティングも大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。

詳しいプロフィールはこちら

いや、あのさ、だったら初めから作らんければいいやん!

 

どうも、モヤモヤJUNICHIです。

んー、書こうかどうか迷ったけど書きます。

 

知り合いに、そういう人がいるので。

 

そう、子どもを産んでおきながら、子どもが邪魔で邪魔で仕方がないっていう人がいるので。

 

今回の記事を書くきっかけになったこと

今日は久しぶりに、妻の実の母親の家に子どもと一緒に遊びにいきました。

僕のところは、もうすぐ3歳の娘が1人。

そして、午後からは、妻の姉の旦那さんが子ども(3歳の娘)を連れて来るんだとか。

 

妻には姉がいて、妻の姉はいま2人目の子を妊娠中。ちょうどツワリがひどくて、全然外にも出られないっていう感じです。

(妻いわく、ツワリがひどいときに外に出て吐きそうになっても我慢ができない。外で吐きまくるなんて真似できないから、ツワリが酷い時は、外に出る事さえ無理ってこと。そりゃそうだ。)

 

整理するとこんな感じ。

関係図

義姉さんの調子が悪いから、旦那さんが娘さんを連れて遊びに来るっていうのは分かるよね。

 

だが聞いてくれ!

 

おれは一瞬耳を疑ったぜ。

 

その妻の姉の旦那さんなんだが、子どもを連れてきてそのまま一緒に遊ぶもんだとばかり思ったんだが、なんと、子どもだけ置いて遊びに行くってことなんだ。

 

つまり、こう ↓

遊びに行く兄

3歳の子どもを置いて、一人だけ遊びに行く義兄

 

 

これはアリやと思いますか?

 

 

ちょっとわんぱくな子供にそこまでするかっていう話もある

子どもって、ちょっと興奮したら飛んだり跳ねたりするのは普通やんね。

そんなの何も悪い事じゃないと思うのに、その子はちょっとわんぱくな事しただけで、トイレに閉じ込められたり、玄関の外に締め出されたり、平手打ちされたりするみたいなんよ。

 

しかも、トイレに閉じ込められたからって言って、何も騒がずに、じーっと静かに開けてもらうまで待ってるんだって。

なんか怖くない?

じーっと大人しくしてたら開けてもらえるって分かってるからだよね。

 

 

 

子どもを持つっていう事の大変さは確かにある

子育てのイライラが爆発しまくっているあなたへ。みんな一緒だ気楽にいこうって記事にも書いたけど、基本的に子どもって思い通りに動いてくれない。

特に、2歳、3歳なんてまだまだ自我が芽生えたばかりの魔の二歳児って言われるくらいの大変なお年頃。

 

今から出掛けるから早くパンツを履こうね!

って言っても、何故か

パンツハカナイィィィ!

2歳の娘

って逃げられるし、

パンツを履かずに逃げる娘

パンツを履かずに逃げる娘

 

服もこっちが着てほしい服は着ないで、自分が気に入った服を毎日着ようとする。

まだ乾いていないのに、「着る!着る!」うるさいし。

 

家で仕事してても、マウス奪われたり、永遠に横で話しかけられるから全然集中できないし、

仕事中に邪魔をしてくる子どもの絵

仕事中に邪魔をしてくる子どもの絵

 

ほんーっまに、子どもってこっちの思い通りに動いてくれないわけですよ。

ペースは崩れるは、こっちが片づけたい作業、仕事が全然進まないは、正直イライラすることも沢山ある。

 

大変じゃない!なんて嘘はつけない。僕は今、家で仕事をしていることもあって、正直言ってたまには邪魔だなぁって思うことだってある。

でも可愛い。だって、本当はお父さんお母さんとただ単に一緒に色々遊びたいだけなんだから。

しかもまだまだ親から自立なんてできるわけもない2歳や3歳やそこらの子どもを、一人にさせておけないよね。

 

 

子どもは勝手に育つって言うけど、親の愛情を感じられないまま大人になるなんてむごいよ

以前に、機能不全家族で育ったアダルトチルドレンの話をしたけど、子どもって育った家族の影響をモロに受ける。

家族内の不仲とか、親からの虐待なんかによって、大人になっても消えない心の傷になって、生きにくい人生を送らなければいけなくなったりする。

 

僕も僕の妻も同じようなアダルトチルドレンだったから分かるけど、子ども時代に両親から満足できるだけの愛情を受け取れていないと、めっちゃ生き辛くなる。

 

 

愛情の基盤信頼の基盤が無いまま育った結果『生きづらい』人生を送る事になる

一番近くにいる、全幅の信頼を預けてもいいはずの両親ですら十分な愛情を注いでくれないなら、一体誰が自分の事を愛してくれるんだろう?って絶望する。

その結果、誰にも嫌われないように誰かの顔色ばっかりうかがって自分を押し殺したり、自分の心がなかなか開けない大人になっていく。

 

自分の子どもが、そうなってからじゃ遅くない?

子どもが自分と同じような苦しい生き方をしないといけないなんて、胸が張り裂けそうなくらい辛い。

 

もちろん社会は楽しい事ばっかりじゃないし、変な人間はいっぱいいるけど、せめて自分の子どもには、「しんどい事があっても、辛い事があっても、いつでも帰ってこれる場所があるんだよ」って思わせたい。

 

 

『三つ子の魂百まで』っていうから、3歳までにかけられる親の愛情ってほんまに大事やと思う

今、こんなにもプニップニでさらっさらの肌の、天使みたいな子どもを愛せないなんて、本当に勿体ない。

子どもが将来、思春期⇒青年期⇒大人になって生きづらさを味わうくらいなら、今全力で愛さなければ取り返しのつかない事になるんじゃないかな。

引きこもり、依存症、自殺…。色んな問題につながるよね。

 

だから、多少わんぱくで言う事を聞かなくて、イライラすることがあっても、それは成長の過程だと思って楽しまないとあかんよね。

逆に、2,3歳の頃から親の言う事聞きまくりの良い子なんて怖いよね。子供らしくなくて。

 

 

子どもが大人になるまでの人生を背負う覚悟がないなら子どもなんて作らなければいい

ちょっと話が色々複雑になったかもしれないけど、初めの話に戻ります。

そう、その義理の兄(妻の姉の夫)は、しょっちゅう「仕事が休みの日くらい、自分の時間が無くなるから自由にさせてくれ」とか言っているらしい。

まぁ当人から直接話を聞いたわけじゃないから、その話っぷりや表情、本当の気持ちっていのは分かんない。

だけど、言葉通りだとして、じゃあ何で子どもを作ったの?って話。

しかも二人目まで。

余計に休みの日なんて、自由が無くなるに決まってるやんね。

 

子どもが生まれるのは親の都合なんやら、責任持とうよ

大人が気持ちからとかそんなんの為に勢いで子供ができてさ、実際に産まれたらなんか自分の時間が減って邪魔くさくなって、愛情も注げずに、育児放棄をしたり、虐待したりってなんなんやろう。

もうさ、子どもが可哀想だよ。

今日もさ、その3歳の娘さんも一緒に遊んだんだけど、ふとした瞬間に

「そっちはお父さんもお母さんも一緒なのに、私は独りぼっち…」

みたいな表情でこっちを見てくるんよ。

 

ほんまにいたたまれません。

 

 

まとめ

責任が持てないなら子ども作らないでください。

愛情を注げないなら、子どもを作らないでください。

どうせ、幼稚園に入って、小学生になれば親よりも友達を選んで、手はかかんなくなるだろうし。

大人になって生き方をこじらせるようになるくらいなら、今たっぷり子供を愛そうよ。

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

e-book

この記事を書いている人 - WRITER -
ジュンイチ

ブログ集客の専門家。ブログが一番ですが、WEB周りの事はたいていできます。SNS活用・SEO・マーケティングも大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。

詳しいプロフィールはこちら

ブログ集客と収益化がオンラインで学べる!!

ブログマーケティングスクール

 

『集客』さえできれば、ほぼどんなビジネスも成功させることができます。

そしてブログは、現在のWEBメディアの中でも、最も強力な『集客メディア』として位置づけられています。

ブログマーケティングスクールでは、コンテンツマーケティング・SEOを意識したWEBマーケティングがオンラインで学べるスクールです。

 
  BMSバナー  
 

 

ブログマーケッターJUNICHI制作の
WordPressテーマ

ブログと写真をもっと面白く!なWordPressテーマ
Seal

シングルカラムで『シンプル』に勝負したいあなたへ
ELEPHANT SINGLE

 

Copyright© ジュンイチのブログ , 2015 All Rights Reserved.