ブログ集客専門家・ブログマーケッター 時々 おもろいおっさん

ブログ集客用のWordPress新テーマ『ELEPHANT3』は最高の出来です

2018年大阪北部地震で本当に役に立った2つのSNS(Twitter&Facebook)の活用方法

 
2018年大阪北部地震で本当に役に立った2つのSNS(Twitter&Facebook)の活用方法 (1)
この記事を書いている人 - WRITER -
ジュンイチ
ブログ集客の専門家。ブログが一番ですが、WEB周りの事はたいていできます。SNS活用・SEO・マーケティングも大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら

昨日、2018年6月18日の午前8時前に、大阪北部を中心とした地震がありました。

まず、地震によって亡くなられた方・怪我をされた方が多数いらっしゃった事をとても残念に思います。

僕も大阪北部に住んでいるので、あの大きな揺れを直に体験しました。2人の娘と妻の3人をすぐに抱えて揺れが収まるのを待ちました。

 

こういう大きな自然災害があったとき、一体僕が何ができるかな?と考えました。

やっぱり人の役に立てる情報を提供することが僕の使命と思い、今回の記事を書くに至ります。

結論からお伝えすると「ネットが通じるならSNSをフル活用しよう」ということです。

 

特に今回は、僕が実際に使って本当に良かったTwitterとFacebookについてお伝えします。

 

素早い情報収集にはTwitterを!

スマホからの「地震です」という警告が収まったあと、僕が真っ先に開いたのがTwitterです。

というのも、TV番組やYahoo!ニュースなどのニュースサイトには、震度の情報は出るものの、詳しい情報が出るまでに時間がかかるからです。

 

Twitterのメリット。とにかく情報が早い

一番生の情報がすぐに出てくるのがTwitterです。その場に直面した人のつぶやき、画像つきの投稿がすぐに出てきます。

 

Twitterの検索機能を使って情報収集を!

地震でTwitter検索

そこで使うのが、Twitter検索です。

例えば、Twitterの検索窓に「地震」というキーワードを入れて検索します。

そうすると、

  • 地震に関するつぶやき
  • 地震に関係する写真
  • 地震の情報を扱っているアカウント

などが出てきます。

 

リアルタイムの情報が分かる

そこで、

  • 色んなお家のモノの散乱状態
  • 道路から水があふれ出している様子
  • 茨木駅の電光掲示板が落下している様子
  • USJのチケット売り場のガラスが割れている様子

などを知ることができました。

https://twitter.com/MassuChannel/status/1008497195161513985

 

緊急時に利用できるサービスなどが分かる

例えば今回の地震では、KDDIの公式アカウントからフリーWi-Fiが利用できる、という情報も流れてきました。

 

Twitterでリアルタイムの情報を手に入れ活用しよう

このように、Twitterのメリットは素早い情報収集ができることです。

  • 被害の程度
  • 非難すべきかどうかの判断材料
  • 電気・ガス・水のインフラ関係の復旧具合
  • 交通情報
  • 利用できるサービス

などなど、本当に多くの情報が手に入ります。

ぜひ緊急時にはTwitterで情報を集めてみてください。

 

 

Facebookで安否確認を!

Facebookは地元の友人など、リアルなつながりが多いSNSだと思います。

そこでは、ぜひすぐに「無事だよ」という報告を投稿しておきましょう。

 

実際、地震の直後は電話がなかなか通じない、という状態が続きました。そんなときに、一言安否確認の投稿をしておくだけで、友人や家族は安心できます。

 

数時間後には、Facebookに大阪北部地震の特設コーナー「災害支援ハブ」ページができる

Facebook災害支援ハブ

⇒https://www.facebook.com/crisisresponse/the-earthquake-in-takatsuki-osaka-prefecture-japan-jun18-2018/about/

Facebookでは、このように災害支援ハブというページが用意されます。

Facebookから「安否確認を報告しよう」という連絡が来るので、あなたの無事を報告しましょう。災害支援ハブページから、あなたの無事が確認できるようになります。

 

またこのページでは、以下のように支援できる人・サポートが必要な人を結びつけることができる機能もあります。

災害支援ハブ

 

支援ができる余裕がある人(モノ、食事、交通手段など)は、登録をしておきましょう。

支援

 

このように、Facebookでは安否確認がしやすい機能、支援・サポートを探しやすい機能が即座に用意されます。

今後、また何か自然災害などがあった場合、活用してみてください。

 

 

デマ情報には注意

上で紹介したように、SNSは災害時にも情報収集や、安否確認が即座にできるめちゃくちゃ便利なツールです。

ですが、それに乗っかっていたずらする人も出てくるので注意です。デマを流す人が出てきます。

 

今回も、シマウマの脱走京阪電鉄の脱線というデマ(嘘)が流れました。

 

このようなデマは、以前の地震の際にもよく見られました。

  • 東北の大震災の時の、「コスモ石油の爆発による有害物質が付着した雨」
  • 熊本の大震災の「ライオン脱走」

 

確かに、緊急時なので信じてしまうかもしれませんが、こういう時ほど「本当なのかな?」と一呼吸おく余裕をもちましょう。

そして「情報が嘘だったら?本当に自分が拡散すべきなのか?」と疑う必要があります。

しっかりと発信元のアカウントを確認しましょう。

大切な情報は、かならず公式アカウントから出ます。いくら友達から回ってきた情報でも、非公式の情報であれば拡散しない、という自分ルールを作っておくのもありです。

 

 

ネットに繋がりさえすれば、SNSは最大限活用できるツール

今やほとんどの人が持っているスマホ。

たとえ電気が落ちてしまったとしても、通信用の電波が生きていればネットが使えます

ネットがある時代だからこそ、大変な災害時でもSNSなどを活用できるようにしておきましょう!

 

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

e-book

この記事を書いている人 - WRITER -
ジュンイチ
ブログ集客の専門家。ブログが一番ですが、WEB周りの事はたいていできます。SNS活用・SEO・マーケティングも大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. […] 2018年大阪北部地震で本当に役に立った2つのSNS(Twitter&Facebook)の活用方法 […]

Copyright© ジュンイチのブログ , 2018 All Rights Reserved.