デジタルマーケティング専門家/デジタルマーケッター・ブログ集客専門家 時々 おもろいおっさん

Ninja Formsの送信をGoogle広告のコンバージョンで計測する方法

 
Google広告Ninja Forms
この記事を書いている人 - WRITER -
松原 潤一
デジタルマーケティング専門家、ブログ集客の専門家。ブログ・SNS活用・SEO・動画などなど現代のデジタルメディアを使ったマーケティングが大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら

WordPressのめちゃくちゃ優秀なお問合せ(お申込み)フォーム作成プラグインNinja Forms

今回は、Ninja Formsで送信があった時に、Google広告でコンバージョンが計測されるように設定する方法を解説しました。

 

Nija Formsで送信をGoogle広告でコンバージョン計測するための4つの手順

以下の4つの手順で進めていきます。

手順1.Ninja Formsでお問合せ(お申込み)フォームを作成
手順2.Ninja Formsの送信成功後のサンクスページを作成して設定
手順3.タグマネージャでサンクスページ到達をトリガーに設定
手順4.タグマネージャでGoogle広告コンバージョントラッキングタグを設定

 

※注意:まだ、Googleタグマネージャを導入されていない場合は、以下のページを参考に導入してみて下さい。
Googleタグマネージャの導入方法

 

手順1)Ninja Formsでお問合せ(お申込み)フォームを作成

まずは、フォームを作りましょう。

以下のページに詳しく方法を説明しています。
↓↓
Ninja Formsでお問合せフォームを作る方法【超基本編】

 

手順2)Ninja Formsの送信成功後のサンクスページを作成して設定

次に、フォーム送信成功⇒サンクスページに自動的にジャンプという流れを設定していきます。

これも以下のページに詳しく方法を解説しています。
↓↓
Ninja Formsで送信後にサンクスページに飛んでもらう方法

 

 

手順3)GoogleタグマネージャでNinja Forms送信後のサンクスページ到達をトリガーに設定

ここからがタグマネージャでの作業です。まずはGoogleタグマネージャへ行きましょう。

タグマネージャへ行ったら、あなたのサイトのコンテナを選んでワークスペースまでいきましょう。

 

↓ 左のメニューの『トリガー』をクリック

タグマネでニンジャ測定

 

 

↓ 『新規』ボタンをクリック

タグマネでニンジャ測定

 

 

↓ 名前を分かりやすい名前に変更【例:お問合せ完了(Ninja)トリガー

タグマネでニンジャ測定

 

 

↓ トリガーの設定をクリック(エリアが広いですがどの辺をクリックしてもOK)

タグマネでニンジャ測定

 

 

↓ トリガーのタイプを選択と出るので『ページビュー』を選択

タグマネでニンジャ測定

 

 

↓ このトリガーの発生場所を『一部のページビュー』に変更し、①~③を以下のように設定します。

タグマネでニンジャ測定

 

Page URL
等しい
Ninja Formsで設定したサンクスページのURL
※例:https://junichi-manga.com/contact-thanks

 

 

 

↓ ここまでできたら『保存』をクリック。

タグマネでニンジャ測定

 

これで手順3は終わりです。手順4に進みましょう!

 

手順4.タグマネージャでGoogle広告コンバージョントラッキングタグを設定

次に、Google広告のコンバージョントラッキングをするためのタグを設定していきます。

 

↓ ワークスペース左のメニューの『タグ』をクリック

タグマネでニンジャ測定

 

 

↓ 右上の『新規』ボタンをクリック

タグマネでニンジャ測定

 

 

↓ タグの名前をわかりやすい名前に変更【例:お問合せ送信(Ninja)Google広告タグ など】

タグマネでニンジャ測定

 

 

↓ タグの設定のエリアのどこでもいいのでクリック

タグマネでニンジャ測定

 

 

 

↓ 右から出てきたメニューから『Google広告コンバージョントラッキング』を選択

Google広告

 

 

↓ ここで出てきた①コンバージョンID②コンバージョンラベルの2点をGoogle広告のサイトで発行して(後述)入力します。

Google広告

 

 

では、以下からGoogle広告のサイトへ行き、①②のコードを発行しましょう。

Google広告のサイトでコンバージョンIDなど発行するには?

 

↓ 上のメニューの『ツール』をクリック

Google広告

 

 

↓ 「測定」のメニューの中の『コンバージョン』をクリック

Google広告

 

 

↓ 『』ボタンをクリック

Google広告

 

 

↓ トラッキングするコンバージョンの種類は『ウェブサイト』をクリック

Google広告

 

 

↓ 以下①~③を入力します。

Google広告

 

①カテゴリ購入
②コンバージョン名分かりやすい名前を入力
(例:お問合せ送信(Ninja)など)
③値すべてのコンバージョンに同一の価値を割り当てる
日本円(JPY¥)▼1
※ここは価値はあなたのサービスの料金や利益などを入力してもOKです。

 

 

 

↓ そのまま下に進み、『作成して続行』をクリック

Google広告

 

 

↓ タグのインストール方法は『Googleタグマネージャを使用する』を選択

Google広告

 

 

↓ 以下の画面で①コンバージョンID、②コンバージョンラベルが発行されます。この2つをタグマネージャで使います。

Google広告

コピペできたら『次へ』といきましょう。

 

 

↓ 最後に『完了』ボタンをクリックして終了です。

Google広告

 

 

 

タグマネージャの画面に戻りましょう!

 

↓ では、先程Google広告のサイトで発行したコンバージョンIDなどをタグマネージャの画面で入力します。

Google広告

 

 

↓ 次に、下の方のトリガーのエリアをクリックします。

Google広告

 

 

↓ 手順3)で作ったトリガーを選択します。

Google広告

 

 

↓ 次に右上の『保存』ボタンをクリック

Google広告

 

 

↓ 右上の『公開』ボタンをクリック

Google広告

 

 

↓ あとは、バージョン名、バージョンの説明を分かりやすく入力し、右上の『公開』ボタンをクリック

Google広告

 

 

お疲れ様でした!
これでタグの設置は完了です!

 

Google広告経由でNinja Formsから送信があった場合に、コンバージョン測定されるようになりました!

 

まとめ

今回は、Google広告経由でアクセスがあった際、Ninja Formsで作っお問合せ(お申込み)フォームから送信があったときに、コンバージョンが計測できる方法を解説しました。

 

 

この手順でやってみてもらえるとスムーズに設定ができると思います。

この記事がお役に立てれば幸いです!

 

 

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

ebook

この記事を書いている人 - WRITER -
松原 潤一
デジタルマーケティング専門家、ブログ集客の専門家。ブログ・SNS活用・SEO・動画などなど現代のデジタルメディアを使ったマーケティングが大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら