あなたの子供が危ない!LINEでいじめにあう4つの原因と対策

この記事を書いている人
JUNICHI
JUNICHI(松原潤一)
色んな人にブログ運営の事を教えている。得意なのはブログ集客・SNS活用法・SEOライティング。※このおっさんの取扱注意点:ブログと漫画を描くのが好きで、書けない日が続くとストレスで爆発する。詳しいプロフィールはこちら 
●Facebook ●Twitter ●Instagram ●Youtube
 

みなさーん!LINE(ライン)やっていますかーー??
LINE好きですかーーー!?

 

 

僕は、あんまり好きじゃありませーーん!!

どうもこんにちは。ブログマーケッターJUNICHIです。

本題に行く前に

『LINEでいじめられても自分で人生を切り拓く力があればいいと思う。』
詳しくはコチラ↓
人生逆転させたいならブログを書け!たったの1年で人生が変わった僕が『ブログ』にこだわる4つの理由

 

2014年10月に、熊本県の女子高生が無料通話アプリ『LINE(ライン)』でのいじめが原因で自殺した事件があったみたいですね。

また、2015年7月10日に、中学2年生の女子生徒が男子生徒に土下座を強要したり、足を蹴ったりする様子が無料通話アプリ「LINE(ライン)」に投稿される、などの事件が明らかになったりしました。

 

あなたのお子さんは大丈夫ですか??

 

 

ちょうど、先日、僕が運営するFacebookコミュニティで、LINEのイジメについて話題になったので調べてみました。

中学生や高校生が学校などで、『LINEいじめ』に遭うっていう事が、社会問題にもなっているみたいなんですが、理由は何なのでしょう?

大人では考えられない現実が、子どもの世界では起こっている…。

Twitterで聞いてみた。

 …しーん。

31歳の中年の質問なんて、世の中高生にはスルーされてしまうんだ。

しょうがないから、複数のメディアに潜入して、調べてみたよ。

 

 

そもそも、LINEでいじめとは何?どんな事を言うの?

 

LINE外し

LINEで複数メンバーを集めてチャットや通話が出来る『LINEグループ』という機能がある。
LINE外しとは、特定のメンバーをそのグループから仲間外れにする事です。
LINE外しにも2種類ある。

  1. 強制的にメンバーを退会させて仲間外れにする
  2. 特定の1人を除いて、別の裏グループを作ってそちらでその特定の子の悪口チャットを始める。

 

LINEきっかけでイジメ

LINEチャット内で気に食わないことがあったら、実際にその子に対して暴言、暴行、仲間外れなどを行う事。
他にもこんな例があったよ。

 

自分のアバター画像を使いまわしされる

 

誰も待ち合わせに来てくれない

こんなイジメがLINEが要因でおこってるんですね。
ではLINEが原因でいじめになるという事だけど、どんな原因があるの?

 

自殺に追い込むような例

これはやり過ぎだと思うけど、LINEイジメを再現したログがありました。

LINEいじめ再現

http://linelog.jpn.org/さんからお借りしました。

 

 

LINEいじめの原因①:「既読」スルー

既読とはLINEにある機能です。

チャット会話を相手が見ると「既読」という文字がつき、相手が読んだことが分かります

そこで、返事がないと、「なんで返事くれないのよ!もう嫌い!あの子イジメるわよ!」ってなるみたいですね。

 

「既読」スルーする人の心理とは?

  • 相手がスタンプばかり送ってくるから返事しづらいんだよ
  • 返事を返す価値の無い会話だから
  • 「私なんて…」「もういやだ…」なんてネガティブな事ばかり言われても返事しにくい
  • 質問ばかりされても嫌
  • そもそも、LINE面倒くさっ(僕)

 

既読スルーをしたいけど、いじめに遭いたくない対処法

  •  あえて、「既読」とだけ発言して終わらせる
  •  スタンプで終わらせる(よく使う)

 

そもそも、既読スルーされるような薄っぺらい質問や会話してる方も悪いよ。

ネガティブな発言にどう返したらいいかも分からないしね。

めんどくせーそれなら会って話そうぜ!って思うよ、31才中年の僕は。

 

LINEいじめの原因②:「未読」のまま

これは「既読スルー」の逆。

チャットで会話をしているのに、一向に「既読」が付かない。

「おいお前!スマホ持ってんのに、なんでLINE見ねぇんだよ!嫌い!イジメるぞ!」ってイジメられるみたいね。

 

もうほんまにめんどくさいね、現代っ子って。

「おいお前!」って話しかけてる時点でLINE会話の意味ないから(笑)

未読でイライラするなら、話しなよ。

 

「未読」のままが原因で、いじめに遭いたくない対処法

  • ごめん、電池切れてた
  • ごめん、LINE辞めないと親に殺されるから
  • ごめんLINEやってると、馬鹿になるから
  • ごめんLINEよりも直接話さないか?

 

LINEいじめの原因③:スタンプの種類がかぶった

なんやねん、もう~。

スタンプくらい好きに使わせてあげーな、放っておいたりーな。

と思うのだが、こんな事でもいじめの原因になるみたい。

あぁ、めちゃんこメンドクサイ。

 

そういう時の対処法:自分でスタンプ作っちゃえ!

LINEスタンプは自作ができる。

他人とかぶったらダメなら、もういっそのこと作っちゃえ!

LINEスタンプサンプル

※こんなおじさん「佐伯さん」シリーズのスタンプあったら欲しいですか?(笑)

需要があれば本気で作ります。

 

 

LINEいじめの原因④:文字(文章)の意味のカン違い

 

 LINEグループ会話での例

A子:「明日ボーリング行こうよ!」

B子:「いいねー!」

C子:「賛成~!」

A子:「C子は何でくるの?」

 

 

A子は「何でくるの?」という文字で「交通手段」を聞いたつもりなのに、C子からしたら、「何故お前はくるんだ、来ないでほしい」という意味でカン違いする場合もある。

そんな風にC子がカン違いをしてしまったら、「A子うざい!なんで私も行ったらだめなの!嫌い!いじめる!」ってなるかもしれませんね。

短文でのやり取りは、こういう怖さがあるよね。表情とか分からないからね。

 

 

相手に勘違いされないための対処法

主語・述語をはっきり描こう! 

「C子、交通手段は何?」とか、「C子は何で来るの?歩き?自転車?」みたいな感じで分かりやすく書こう。

 

というと、「めんどくせーおっさん!」ってなるよね。でもトラブル生むくらいなら、ちゃんと書こう。

 

 

会話しようぜ!

LINEイジメの原因は色々あるけれど、「文字」と「スタンプ」だけで、相手の表情が読み取れないコミュニケーションツールに頼り過ぎているっていう事が原因だよね。

特に、近くに座ってるのにLINEしてるっていう意味不明さ。

まぁでもそれがまた学生にとっては楽しいんだけどね。

 

大人側からすると、LINE禁止にすればいいんだ!って言う感じで、アプリをアンインストールさせたりするみたいだけど、学生にとってはそんなの無理だからね。

絶対に目を盗んで再インストールするから。

 

でもね、これだけネットとかのコミュニケーションツールが発達しても、結局のところ人と人を本当に理解し合えるコミュニケーションって「会話」なんだよ。

面と向かって、表情や言葉つきをちゃんと読み取りながらするのが、相手を理解することが出来る最良の方法。

 

会話の重要性は、相手の考えが分かるマシーンが発売されない限り、ずーっと変わらない事。

だから会話しようぜ!

良好な人間関係を保つのはやっぱり「会話」なんだよ。

 

 

まとめ

あなたの子どもがLINEでイジメに遭っていたらどうしますか?

 

まず、それにちゃんと気付けるように、あなた自身が子どもとちゃんと毎日「会話」できていますか??

 

LINEのいじめ問題は、なくならない。

これは、子どものいじめ問題がこの先もずっと無くならないのと同じ。

 

LINEが無くなっても、他の手段でイジメなんて絶対に発生するからね。

 

例えば、僕らの時代は「ケータイ」電話が普及しはじめたところだったけど、その時はワンコールやショートメールのやり取りが楽しくて遅くまでやってたもんなぁ。

 

 

結局のところ、その時代に合わせた情報技術があり、子ども自身がそれに合わせたコミュニケーションスキル、社会性を身につけていかなければならない。だから、子ども自身は、傷つけ、傷つき、色々失敗すればいい

 

だけど、家族だけは、ちょっとした子供の変化に気づいて、いつでも助けられるように、会話と対話をしっかりしたいね。

 

 

今日は家族と子どもといじめについて考えました。

 

今回の記事が面白かったあなた、他にも家族ネタ書いてます。

『妻子持ちの男』が家で仕事をはじめた結果…。7つの失敗例

『会社ストレス』VS『育児ストレス』どちらがきついか?考えてみた

核家族の子育て問題は、奥さんの両親と一緒に住めばたいてい解決すると思うんだ

 

良かったら読んでね。

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

 

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

ebook

ブログ集客と収益化がオンラインで学べる!!
ブログマーケティングスクール

『集客』さえできれば、ほぼどんなビジネスも成功させることができます。

そしてブログは、現在のWEBメディアの中でも、最も強力な『集客メディア』として位置づけられています。

ブログマーケティングスクールでは、コンテンツマーケティング・SEOを意識したWEBマーケティングがオンラインで学べるスクールです。

BMSバナー

 

ブログマーケッターJUNICHI
×
OPEN CAGEコラボWordPressテーマ

あなたは今自分のサイトがスマートフォンからどれだけの人が見ているか知っていますか?

実は、2016年6月現在、6割~8割の人がスマホからブログを読んでいます。

なので、スマホから見た時に「分かりやすい」「使いやすい」「便利」というWordPressテーマが必要です。

『新しいスマホビュー時代を作ろう!』

がコンセプトの『STORK(ストーク)』を是非お試しください。

STORK

9 件のコメント

  • 現代社会のツール。LINE。使い方を誤れば、凶器となる。私は現在40代半ばですが、遡れば、電話で会話は昔も今も変わらないけど、ポケベル、携帯やPHS、メール、スマホの普及でLINEが誕生した。友達が欲しくてメールや電話番号を交換した。だけど、私が忙しいのを知らず、しつこい男性がいたので、あまりにもうっとうしいから、メアドや電話番号を変えた。後日、私と会い又、聞き出した。もう我慢の限界なので、メールや手紙で理由を自分の気持ちを相手に伝えたら、来なくなりました。はっきり言って、遊ばれる立場は、安い女(女の価値じゃない。所謂都合のいい女の事。)と見られるのが、恥ずかしいからです。それ以来は、親族、職場、大切な身内でしか連絡はしません。
    最近話題になっている未成年のLINEいじめに対抗するツールがあれば、解決するか、心ないコメントやくだらない、悪質な写真を載せる輩が後を 断たず、加害者や(載せた、書き込んだ人)被害者(メールや写真で精神的にダメージを与えられ、泣き寝入りした)の修羅場になる事でしょう。ブロックかけるか、LINEを退き、自分にマイナスになるような人とは連絡を断つ事。自分の家族や親族、人生経験豊富な大人やカウンセリングに相談するべきでしょう。

  • タイトル : 腑抜けてしまった教育の改革が必要

    いじめは からかう軽い気持ちから始まります。
    だから、どの時代であっても 無くすことはできません。
    いじめは、なぜ無くならないのか?
    先生が、いけないことをした生徒に ビンタをしないからです。
    先生と生徒を 意気地のない そんな関係にしてしまった教育方針が
    学校を 人間関係を ダメにしているのです。
    こんな教育現場にしたのは(社会党系 共産党系)の人たちであり、逃げの教育委員会です。
    今で言うと、 憲法9条を守れと騒いでいる 民主党→民進党 も その一派です。
    9条の札を見せれば 中国が大人しくしているのでしょうか? 現実は全く違っていますね。
    いじめは 謂わば (乱暴・狼藉)です。
    それに対しては、間 髪(かん はつ)を入れず 力によって、それは いけないことだと 悟らせることです。

    先生が ビンタをするのには 正当な理由(わけ)がある。
    (何が何でも暴力反対)と言っていたら 教育はできない!!!
    悪いことをした生徒が後悔できるように叱るのは(ビンタ)です。
    先生にビンタされて、自分の頬が ジーン とします。
    集団でいじめた生徒たちをビンタした先生の手も痛い筈です。
    ビンタをされて やっと( あぁ いけないことをしてしまった ! )と 気づくものなんです。
    自分の頬の痛さを通して いじめられていた子の気持ちを知り いじめてしまった自分と 繋がるのです。
     
    口で言っても その場逃れの人間を作ってしまうだけです。
    先生は 教師は 尊敬され、 だけど 怒ったら怖い という存在でなければなりません。
    あの時 先生にビンタしてもらって 良かったなぁ・・・ と 大人になっても 尚更に ありがたく感じます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


    *

    ABOUTこの記事をかいた人

    色んな人にブログ運営の事を教えているブログ集客の専門家。得意なのはブログ集客・SNS活用法・SEOライティング。※このおっさんの取扱注意点:ブログと漫画を描くのが好きで、書けない日が続くとストレスで爆発する。