【無料】めちゃオモロくてためになる『ザ・ブロガー~ブログ収益化の教科書~』詳しくはこちらをクリック!

      2015/10/23

初心者必見!Googleアナリティクスの基本用語21個を覚えよう

 
アイキャッチ

この記事を書いている人 - WRITER -

色んな人にブログ運営の事を教えている。得意なのはブログ集客・SNS活用法・SEOライティング。
※このおっさんの取扱注意点:ブログと漫画を描くのが好きで、書けない日が続くとストレスで爆発する。
詳しいプロフィールはこちら 

JUNICHI

どうもJUNICHIです!

Googleアナリティクス使っていますか?そして用語の意味をしっかりと理解していますか?
今回は、Googleアナリティクス初心者のあなたのために、「基本用語」21個の意味を解説していきます。

Googleアナリティクスを使っていく上で覚えておくといい用語ばかりなので、是非この機会に覚えておきましょう。

セッション・ユーザー・ページビュー数(PV数)の違いを知ろう

解説analytics

まずは、基本の基本なんだけど分かりづらい3つの用語を解説します。「セッション」「ユーザー」「ページビュー数」は、ちょっとややこしいので、しっかりと違いを理解しておきましょう。

■セッション

セッションとは、ユーザーがあなたのサイトを訪問してから、離脱するまでの一連の流れをまとめた単位です。つまり訪問数のことです。
あなたのサイトに1人が訪問して、Aという記事、Bという記事、Cという記事を3記事読んでから別のサイトに行った場合、セッションは「1」とカウントされます。

解説1

↑この図は、この人があなたのサイトを訪問してから別のサイトに行くまでの流れを表しています。つまりこれで1セッションです。

※ただし、同じユーザーが30分以上間隔をあけて再度あなたのサイトを訪問すると、あらたにセッションがカウントされます↓
解説2

セッションの考え方

  • 30分以内に、ユーザーが次の行動を起こさなかった場合は「離脱」とみなされる
  • ページを開いたまま30分以上放置 ⇒ セッションが終わり(セッション数=1)
  • 別のサイトに移動した後、30分以内にあなたのサイトに戻ってきた場合 ⇒ セッションが継続(セッション数=1)
  • 別のサイトに移動した後、30分以上経った後にあなたのサイトに戻ってきた場合 ⇒ (セッション=2)
  • Aさん、Bさん、Cさんがあなたのサイトを訪問した場合 ⇒ (セッション=3)

■ユーザー

あなたのサイトを訪れた「人」の数です。人単位で計測するので、一定期間内で10ページも20ページも見てくれたとしても、何回訪問しても「1」としてカウントされます。どれだけの人数が利用してくれているのかを見る際に重要な指標になります。

ちなみに先ほどの図でもユーザーは「1」としてカウントされます。

ユーザーの考え方

  • 別の人があなたのサイトを訪問しない限り、ユーザー数は増えない。
  • Aさんが別のサイトに移動した後、30分以上経った後にあなたのサイトに戻ってきた場合 ⇒ (ユーザー=1)
  • Aさん、Bさん、Cさんがあなたのサイトを訪問した場合 ⇒ (ユーザー=3)

■ページビュー数

PV数とも略される。サイト内で読まれたページ数を指します。1人のユーザーがあなたのサイトに訪れて、サイト内を移動し、複数のページを見た場合も、それぞれが1ページビューとして数えられます。

ページビュー数(PV数)の考え方

  • Aさんが、あなたのサイトを4ページ分読んだ⇒ (ページビュー数=4)
  • Aさんがあなたのサイトを2ページ、Bさんが3ページ、Cさんが5ページ見た場合 ⇒ (ページビュー数=10)

問題:↓下の図の場合、あなたのブログのセッション数・ユーザー数・ページビュー数はそれぞれいくつ?

解説2

答え
●セッション数=2
●ユーザー数=1
●ページビュー数=4

よく出てくる用語を覚えよう

■ページ/セッション

その名のとおり、ページビュー数をセッション数で割った数字。
例えばPV数が10でセッション数が5だとすると、ページ/セッションは「2」になります。

■平均セッション時間

あなたのサイトを訪問してくれる人が、あなたのサイトに滞在してくれている平均時間。

■直帰率

あなたのサイトの1ページだけを読んで、他のサイトへ離脱してしまう、もしくはブラウザを閉じてしまう人の率。

■新規セッション率(New Visiter)

レポート期間内に、あなたのサイトを初めて訪れるユーザーの割合。
例えば全体で100人ユーザーが訪問していたとして、80人が初めてあなたのサイトを訪れる場合、新規セッション率は80%となります。

■Returning Visiter

レポート期間内に、あなたのサイトを2回以上訪れるユーザーの割合。

■リアルタイム

今この瞬間に、あなたのサイトを訪れているユーザーのアクセス数をチェックできるレポート。

■トラフィック

あなたのサイトを訪れてくれたユーザーが「どこのサイトから来たのか」を表示する項目です。
検索からなのか、Facebookからなのか、広告からなのか、などなどどのサイトからの流入が多いのか・少ないのかを判断する項目です。

■コンテンツ

あなたのサイト内のそれぞれのページの事。ブログで言うと、1記事1記事がコンテンツとなります。

■コンバージョン

目標を達成した訪問者数のこと。普通は、商品・サービスの成約や、会員登録、資料請求の完了画面を、目標達成ページに設定して、コンバージョンを計ります。

■参照元

あなたのサイトを訪れる元となったサイトのこと。

■Organic Search

GoogleやYahooなどの検索からのアクセスの事。

■Social

ソーシャルメディアのこと。
Googleアナリティクスでは、Facebook、Twitter、Hatena Bookmark、Naver、Hatena Diary、mixiなどをソーシャルメディアからのアクセスとして定義されています。

■Referral

上で説明したSocial以外の参照元サイトの事。
Gunosy、feedly、ブログ村、人気ブログランキングなども、Referralからのアクセスとして定義されています。

■Direct

参照元のサイトがない場合のアクセスです。
例えば、ブックマーク、メルマガ、URLを直接入力して、などの場合が考えられます。

■ブラウザ

インターネットを見るためのアプリケーションソフト(Google Chrome、Safari、InternetExploler、Firefox、Operaなど)のことです。

■OS

オペレーションシステムの略です。Windows、iOS、Android、Macintosh、Linuxなどのことです。

■デバイス

Googleアナリティクスの中では、デバイスとはパソコンやスマホ、タブレットなどの事をさします。

■not provided

GoogleアカウントでログインしているユーザーがGoogle検索する際に、検索ユーザーのプライバシーを守る目的でSSLで通信を暗号化しています。そのため、GoogleユーザーがGoogle検索であなたのサイトにやってきた元のキーワードが分からなくなっています。

よって、GoogleユーザーがGoogle検索をした場合のキーワードは「not provided」と表示されてしまっています。

まとめ

せっかく高機能なアクセス解析ができるGoogleアナリティクスを使うなら、用語の意味をしっかりと理解した上で使いましょう!
なんとなく分かったつもりで読み取って分析をしていくと、間違った検証をすることになり危険です。

この機会にぜひ、これら21個の基本的用語を覚えておきましょう。

 

>>次のページは
ブログのアクセスはどこから来るの?

この記事いいなと思ったら
いいね ! して下さい!

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

e-book

運営者JUNICHIについて

プロフィール

株式会社ファンファーレ
代表取締役 松原 潤一

ブログマーケッターのJUNICHIです。
ブログを書いて、人に喜んでもらいながら集客までできてしまう「ブログマーケティング」を専門に扱う会社『株式会社ファンファーレ』の人です。

ほんまはふざけるのが大好き。社長になってもおもろいおっさん目指して頑張ります。

漫画を描くのも大好物。一度きりの人生、自分の「夢」を大切にしたいと思います。

⇒詳しいプロフィールはこちら

ブログ集客と収益化がオンラインで学べる!!
ブログマーケティングスクール

『集客』さえできれば、ほぼどんなビジネスも成功させることができます。

そしてブログは、現在のWEBメディアの中でも、最も強力な『集客メディア』として位置づけられています。

ブログマーケティングスクールでは、コンテンツマーケティング・SEOを意識したWEBマーケティングがオンラインで学べるスクールです。

BMSバナー

ブログマーケッターJUNICHI
×
OPEN CAGEコラボWordPressテーマ

STORK

あなたは今自分のサイトがスマートフォンからどれだけの人が見ているか知っていますか?

実は、2016年6月現在、6割~8割の人がスマホからブログを読んでいます。

なので、スマホから見た時に「分かりやすい」「使いやすい」「便利」というWordPressテーマが必要です。

『新しいスマホビュー時代を作ろう!』

がコンセプトの『STORK(ストーク)』を是非お試しください。