デジタルマーケティング専門家/デジタルマーケッター・ブログ集客専門家 時々 おもろいおっさん

Googleアナリティクス4【GA4】のエンゲージメントってどういう意味なのか?

 
GA4のエンゲージメント
この記事を書いている人 - WRITER -
デジタルマーケティング専門家、ブログ集客の専門家。ブログ・SNS活用・SEO・動画などなど現代のデジタルメディアを使ったマーケティングが大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、デジタルマーケッターのジュンイチです。

2020年10月にフルリニューアルしてGA4となったGoogleアナリティクスですが、そのメニューの中でもいまいちピンと来ない用語がありませんか?

そう、「エンゲージメント」っていう用語。

こんなメニューありますよね。↓

これ、最近のデジタルメディア、Webメディア、あとはSNSとかでよく使われるようになった言葉なんですが、いざ「エンゲージメントってどういう意味か分かる?」って言われたらどう答えますか??

いざ聞かれると「うっ、説明できひん・・。」って思うあなたと今日は一緒に勉強していきましょう。

デジタルマーケティングで押さえておきたいエンゲージメントの意味は?

エンゲージメントっていうのは、

Webサイトやアプリに対して、ユーザーが起こしたアクション(ユーザーの操作)

って意味だと思ってください。

SNSにおけるエンゲージメントはイメージしやすい!

これがSNSだと分かりやすいんですよね。例えば、Facebookなら「いいね」や「シェア」や「コメント」みたいに、ユーザーがあなたの投稿に対して行ったアクションはすべてエンゲージメントになるよね。

Twiterなら、「いいね」とか「RT」とか「コメント」もエンゲージメント。

なんらかのアクションを起こしてくれてるよね。

じゃあ、Webサイトでは、つまりGoogleアナリティクス4的に「エンゲージメント」って何を意味するの?

SNSの場合は、ユーザーのアクションや操作ってイメージしやすいけど、Webサイトに対してのユーザーのアクションってちょっとイメージしにくいですよね。

たとえば、GA4では、以下のようなアクションをエンゲージメントとしてとらえているんですよね。

  • page_view(ページビュー:つまりWebページを閲覧したこと)
  • page_scroll(ページスクロール:ページを下の方に読み進めてスクロールしていくこと)
  • 特定のページに一定時間留まるとか
  • 埋め込んである動画の視聴
  • リンクのクリック

などなど、他にもありますけど、Webページ上でユーザーさんが起こしたアクションや操作はすべてエンゲージメントっていうように計測されるんです。

まとめ

今回は、サクッとGoogleアナリティクス4【GA4】のちょっとイメージしづらい用語の「エンゲージメント」について勉強しました。

エンゲージメント=ユーザーが起こしたアクションや操作

だと覚えてくださいね。明日から胸張って説明しましょう!

 

今までの僕のブログ集客のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

【今すぐ読める無料Ebook】
広告費を一切使わずブログだけで
19,000人以上を集客した全手法!

総ページ100ページ以上の
大ボリュームE-bookです。

是非あなたのブログのお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

Ebook

この記事を書いている人 - WRITER -
デジタルマーケティング専門家、ブログ集客の専門家。ブログ・SNS活用・SEO・動画などなど現代のデジタルメディアを使ったマーケティングが大好物。【好き】⇒妻・娘・愛犬チワワ・漫画を描くこと・FF14。大阪吹田の千里ニュータウンを愛す。北摂によく出没。
詳しいプロフィールはこちら