デジタルマーケッター・ブログ集客専門家 時々 おもろいおっさん

サーバーにMauticをインストールする!の巻【Mautic導入記2】

  
mautic導入記epi2
\ この記事を共有 /
サーバーにMauticをインストールする!の巻【Mautic導入記2】

どうも!デジタルマーケッターのジュンイチです。

今回もMauticの導入記ということでやっていきます。

無事、403forbiddenのエラーが出なくなったところで、正式にインストール画面に進めました。

今日はそこからの作業。

インストール前にデータベースを作成する!

まずは、インストールする前にMautic用のデータベースをサーバーに用意してあげないといけないんですよね。

ということで、エックスサーバーのサーバー管理画面(サーバーパネル)でMySQLを作っていくことになります。

エックスサーバーの「サーバーパネル」

データベース

MySQL設定

「MySQL追加」のタブに切替え

MySQLデータベース名を『●●_mautic』という名前で作成(一応メモ欄に「mautic用」と書いておいた)

続いて、MySQLユーザーを追加する。同じメニューの「MySQLユーザ追加」のタブに切替

MySQLユーザIDを『●●_mau』にして、PWを適当に設定して作成。

最後に、MySQL一覧のタブに切替えて、先程作ったMySQLとユーザーを紐づけ

これで準備はOKなはず!

続いてインストール作業開始

Database Driver初期のまま
Database Hostlocalhost
Database Port3306 のまま
Database Nameエックスサーバーで作ったデータベース名(例「●●_mautic」
Database Table PrefixなんでもOK(例「mautic_」)
Database Usernameエックスサーバーで作ったデータベースユーザ名(例「●●_mau」
Database Passwordエックスサーバーで作ったデータベースユーザのPW
Backup existing tables?Yes のまま
Prefix for backup tablesbak_ のまま

これで進めていく。

▼ 次の画面へ進む ▼

Admin UsernameMautic管理画面にログインする際のユーザー名(適当に決める)
Admin Password Mautic管理画面にログインするためのPW(適当に決める)
First name自分の名前(例:Junichi)
Last name自分の姓(例:Matsubara)
E-mail Address自分のメールアドレス(例:info@junichi-manga.com)

そうすると、ログイン画面が出る。

さっき決めたユーザー名とPWですぐにログイン。

無事管理画面が出た!

これで使えるはず??

ということで、今日はここまで。

デジタルマーケティングで重要な
「データ分析」を今すぐ始めよう!

\ Kindleで売れ筋トップ獲得本 / 

GA4超入門ガイドブック

プレゼント!

表紙