【無料】めちゃオモロくてためになる『ザ・ブロガー~ブログ収益化の教科書~』詳しくはこちらをクリック!
どのキーワードで検索されてどのページにユーザーが来ているのか調べる方法 | ブログマーケッターJUNICHI

どのキーワードで検索されてどのページにユーザーが来ているのか調べる方法

ここでは、Googleアナリティクスを使って、あなたのサイトがどんなキーワードで検索されているのか調べる方法を解説します。

調べる方法

↓ まずは、左のメニューの「集客」をクリックします。キーワード調べる

↓ その中の「サマリー」をクリック
キーワード調べる2

↓ そうすると、集客サマリーレポートが出てきます。 キーワード調べる3

↓ 下の方にスクロールすると、表が出てきます。その表の中の「Organic Search」をクリックします。 キーワード調べる4

↓ そうすると、色んなキーワードが出てきます。これが、あなたのサイトが検索されて流入があったキーワードです。ここでは、例えば、「セルフブランディング」をクリックしてみます。キーワード調べる5

※一番上に(not provided)が出てくると思いますが、これはGoogle検索をすると、SSL検索(暗号化検索)が行われるため、キーワードが分からなくなっているからです。ここでは、正確にどんなキーワードで流入があったかは分かりません。

↓ 例えば、「セルフブランディング」というキーワードでよく検索されているみたいですが、実際にどのページに来ているのかを調べてみます。「セカンダリディメンション」をクリックします。 キーワード調べる6

↓ 次に「行動」をクリック。
キーワード調べる7

↓ その次に「ランディングページ」をクリック
キーワード調べる8

↓ そうすると、セルフブランディングと検索されて流入があったページのURLが分かります。 キーワード調べる9
これを見ると、「セルフブランディング」と検索されて
嫌われるよ!ブログやSNSで間違ったセルフブランディングをしているあなたへ
という記事に入ってきてることが分かりますね。

not providedから検索キーワードを予想する

↓ 集客のサマリーレポートの表で、「(not provided)」をクリックします。notprovided

↓ 次に、表の上の「その他」 をクリックします。notprovided2

↓ 「集客」をクリックします。
notprovided3

↓ 「ランディングページ」をクリックします。
notprovided4

↓ そうすると、Google検索で流入があった先のページのURLが出てきます。notprovided5

現状では、このURLを見て、どんなキーワードで流入があったか予想することしかできないのです。

まとめ

どんなキーワードで流入があったかが分かるのは、YahooなどSSL検索がまだ使われていない検索をされた場合のみです。
しかし、Yahoo検索もGoogleの検索エンジンのシステムを使っているため、ある程度Google検索でも同じキーワードで流入があると予想することはできます。

ぜひ今回の方法を使って、どんなキーワードで、どんなページに流入があったか調べてみましょう。

メニューボタン

Copyright© ブログマーケッターJUNICHI , 2015 All Rights Reserved.