ブログ中心のWEBマーケティングのほんまの情報が漫画を読むように面白く学べるサイト。

【無料】めちゃオモロくてためになる『ザ・ブロガー~ブログ収益化の教科書~』はこちら!

ブログを日本一愛する3人がひたすらブログ運営について語り合ってみた【対談】2ページ目

 

⇒前のページへ

ブログの差別化について

のび太くん
お2人が、ブログをやる上で、他と差別化するために工夫しているところってどんな事ですか?

今、めっちゃブログブームじゃないですか。

差別化で悩んでいる人って多いと思うんです。

対談3

JUNICHI
まずは、自分にしか書けない事を入れるように意識してますね。

例えば、自分の考え・意見ですね。

そして、絵です。絵はなかなか真似できないじゃないですか。

落合さん
佐伯さんですね(笑)

佐伯さん

JUNICHI
です(笑)

あとは、情報量ですね。ここまで書けば真似できないんじゃないかってくらいは書くようにしています。

でも、ノウハウ記事とかって今かなりふれていて、正直僕のコンテンツをコピーされて、さらにちょちょっと付け加えられたら、負けるかもしれないです。

だけど、そこで差別化できるとしたら、絵であり僕独自の「分かりやすい表現」なのかなって思っています。

のび太くん
分かりやすさですか。
JUNICHI
そうです。

なんかね、嬉しかったんが、今「バズ部」って聞いたらWEBマーケティングやってるなら知らない人がいないくらい有名なサイトがあるんですけど、

実はバズ部の記事と比べて、僕の記事のほうが分かりやすくて読みやすいって言ってくれる方がかなり多くて、それが嬉しかったんですよ。

のび太くん
すごいですねー!
JUNICHI
じゃあ、僕はあんな専門的で賢い文章書かへんくていいから、自分が初めてWEBマーケティングを教えてもらうなら、どうやって教えてもらいたいかなぁって思い浮かべながらコンテンツを作ってるんですよね。
のび太くん
それは伝わってきます。
JUNICHI
実際、僕も日々勉強なんで、分からない事は常に勉強して、アウトプットしての繰り返しで、そこで分かりやすい表現でアウトプットすると理解も深まるんですよ。

落合さん

のび太くん
落合さんはどう工夫してるんですか?
落合さん
僕は、事前に何かを調べたりすることってしなくて、これまでの経験をそのまま自分の言葉で書くようにしているんですよ。

あとは、推敲を一切しないんです(笑)

これは、良い事か悪い事かわかんないんですけど、推敲をすればするほど、どんどん硬い文章になっていくんですよね。僕は話している言葉そのままを書きたいんですよね。

のび太くん
推敲しないんですね(笑)
落合さん
そうなんです(笑)

だから誤字・脱字が多くて(笑)

それと、独自の世界観や、他の誰にも真似できないって事や表現は必ず1つは入れるようにしています。

のび太くん
経験をもとに語るって言っていましたけど、ブログにできるような特別な経験が無かったり、専門性が無い人って居ると思うんです。

そういう人に対して、落合さんはどうやってアドバイスしますか?

落合さん
みんな、自分で経験が無いって思いこんでるだけで、実はあるんですよね。

ブログを書こうと思っているような20代、30代の人って、今まで20年、30年も生きてきているんだから、必ず人と違った経験はしてるんですよね。

のび太くん
なるほど!
落合さん
例えば、のび太さんの留学の経験や、僕のサラ金で働いた経験とか、ジュンイチさんの絵とかは、それだけで一般の人とは違う経験だったり、スキルですよね。

その色を出せているか、出せていないかっていうだけだと思うんですよね。

そこを、一度考えて振り返って、意識してブログにしていくっていう事が大事だと思います。

なかなかウクレレ弾いているブロガーっていないと思うんです(笑)

JUNICHI
実際、その独自性に気づいてアウトプットできる人が少ないんですよね。
落合さん
棚卸ししないとダメだと思いますよね。

今まで何をやってきたのか、何が得意なのかって洗い出せば、絶対ブログに書ける事ってあるはずなんですよ。

対談写真1

のび太くん
僕が意識しているポイントは、「話し言葉で書く」って事なんです。

人間って文章で見るよりも、対面で話している時の方が感情が伝わりやすいじゃないですか。

だから、僕はブログって文字じゃなくて動画でもいいと思っているんですよ。

のび太動画をやっているのはそういう事なんですよ。自分の感情をむき出しにして伝えていきたいんです。

それで、バズ部やLIGみたいに詳しいブログには敵わないじゃないですか。

JUNICHI
うんうん。無理無理。
のび太くん
だから、個人がそういうメディアに勝つには「伝え方」だと思うんですよね。

僕は、ブログの中身ってあまり関係が無いって思っていて、それよりも伝え方が大事だと思います。

JUNICHI
同じことを伝えるにも、話し言葉で書くのと、なんか丁寧な文章で書くのとでは全然印象が違いますもんね。
のび太くん
大勢に向けてしゃべってるのと、一人に向けて話すのでは全然伝わり方が違うと思うんです。

あとは、僕はある程度はリサーチしてから記事は書くんです。そう思うと落合さんはすごいなと(笑)

落合さん
僕のは毛色が違うと思うんです。

例えば、バズ部が教科書だとすると、ジュンイチさんのブログは「マンガで分かる~」みたいな本なんですよ。

僕の場合は、完全に分野の違う本なんですよね。エッセイに近いような感じです。

のび太くん
コンテンツが主役っていうよりも、書き手が主役っていう感じですよね。

特に個人が仕事を受注するなら、やっぱり個人を知ってもらう必要がありますもんね。

ブログのモチベーション維持のために、どう工夫したらいいと思いますか?

対談3

のび太くん
次なんですけど、ブログを始めたばかりの人って、なかなかモチベーションが維持できないと思うんです。

はじめの2,3カ月とか半年ってどうやってモチベーション維持をしたらいいと思いますか?

JUNICHI
僕の場合は、四の五の言ってないで、ブログで食って行こうと決めていたので、モチベーションどうのこうのに甘えるつもりはなかったんです。

ただ、今いくつかコミュニティを運営していて思うのが、はじめの時期に辛いことって「孤独」だと思うんです。

のび太くん
あぁ~なるほど。
JUNICHI
そこを補ってくれる仲間がいれば、もっと頑張れると思うんですよ。

だから、一つの手としては、自分がSNSやブログで呼びかけて相互で感想を残せるようなコミュニティを作ってしまうか、今あるところに入るかっていう感じですかね。

のび太くん
他の人から意見が聞けると嬉しいですもんね。
JUNICHI
僕みたいに腹決めて、ブログ頑張るぞっていう人ばっかりじゃないと思うんで、そういう人は、誰かと一緒に楽しみながらブログをやったらいいんじゃないかなって思うんですよ。

落合さん

落合さん
全くジュンイチさんと同じです(笑)

仲間が一番大事だと思っています。

僕自身、ジュンイチさんに刺激されてやる気が出ているっていうところはあります。

たまには、「あ、ジュンイチさんに見られているな」と思うんですよ(笑)

JUNICHI
ありますあります(笑)
のび太くん
落合さんが昔アメブロをやっていた時は、仲間とかいたんですか?
落合さん
その時は、ありがたいことに、Facebook関連の記事には沢山コメントをもらえたし、セミナーとかで色々感想をもらえたので、それがモチベーションになっていました。

でも、今はクライアントさんとかに見られていなかったと思うと、途中でめんどくさくなって止めていたかもしれないですね。

とにかく今は、ジュンイチさんが見ていると思うと、頑張らないとって思います(笑)

JUNICHI
(笑)
のび太くん
(笑)
落合さん
更新しないと、「あ、サボってんな」って思われるのが嫌で(笑)

ジュンイチさんとか、のび太さんとか、周りの人のブログのクオリティが高すぎて嫌なんですよ(笑)
800文字くらいで終わらせたらいかんなって思うんです(笑)

対談写真1

のび太くん
僕は、PVとかアドセンスの収入を目標にしていないんですよ。

僕自身、ブログはただ単に楽しんでるんです。ストレス解消なんです。

例え、だれも見ていなくても構わないんです。

普段言えない事を、ぶっちゃけられるから最高なんです。

JUNICHI
じゃあ、誰かにアドバイスするとしたらどう言います?
のび太くん
自分を表現できる場として、楽しめばいいんだよって言いたいです。
落合さん
好きかどうかってめちゃくちゃ大事だと思うんですよね。

儲けようと思っている人ほど儲かっていない気がするんです。

ブログが好きで好きでたまらなくて、誰に見られていなくてもいいやって思っている人の方が稼いでたりするんですよね(笑)

⇒次のページへ

現在 2/4 ページ

Copyright© ジュンイチのブログ , 2015 All Rights Reserved.