ブログ中心のWEBマーケティングのほんまの情報が漫画を読むように面白く学べるサイト。

【無料】めちゃオモロくてためになる『ザ・ブロガー~ブログ収益化の教科書~』はこちら!

エキスポシティの遊園地ANIPO(アニポ)が可愛すぎて子供と行きたい

 
  2015/12/11

つい先日、エキスポシティ(EXPOCITY)に行ってきました。まだ完成前ですが、話題の可愛い遊園地ANIPO(アニポ)の写真がバッチリ撮影できました。

今回は、そんなANIPO(アニポ)についてをご紹介します。

動物たちの移動遊園地ANIPO(アニポ)ってどんな施設?

アニポ 
ANIPO

実際に写真も撮ってきましたが、こんな感じで動物をイメージして作った小さなアトラクションが4つある遊園地エリアがアニポ(ANIPO)です。

関西弁っぽいイントネーションで「ア・ニ・ポ」(→⤴→)って発音しそうな感じです。マクドとかそんなノリです。

動物たちの移動遊園地っていう事ですが、実際に動物は居ないと思われます。

4つのアトラクションとは?

  1. 空飛ぶ自転車に乗って空中散歩を疑似体験できるアトラクション
  2. 水鉄砲を使って水遊びを楽しめるアトラクション
  3. 幼児から楽しめるエアードーム
  4. ミニ汽車

比較的小さな子供たち用のエリアなような気がします。大人がショッピングとかしている間に、「ここで遊んでなさい」って待っててもらう感じになりそうです。

作ったのは「ひらかたパーク(ひらぱー)」にも遊具を提供している豊永産業

最近も、岡田准一さん特集を何故かひらぱーでやってしまう、っていう位面白いひらぱーは大阪でも有名です。

ひらぱーの中にも、豊永産業さんが手掛ける遊具があります。

 

入場料・営業時間などの基本情報

アニポ

  • 入場可能日(オープン日):2015年11月19日(木)
  • 営業時間:10:00~20:00(チケット販売が19:50まで)
  • 入場料:300円~
  • アクセス:万博記念公園駅から徒歩2,3分

おそらく、現場を見る限り入場料とかは不要な、誰でも利用できるちょっとしたエリアな気がします。

【追記】公式サイトの情報によると、利用にはチケット購入が必要みたいです!

 

小さな子供連れでも安心!

エキスポシティは、子どもに楽しんでもらう事を中心に、いろんなエンターテインメント施設が作られていますが、それぞれ結構な料金がかかります。

でも、アニポは料金が300円~と気軽に立ち寄れそうですね。近くに住んでいるファミリーもららぽーとに買い物、ランチのついでにちょっと遊ばせて、みたいな感じで通えそうですね。

Copyright© ブログマーケッターJUNICHI , 2015 All Rights Reserved.