記事下にCTA(コールトゥアクション)が設置できるウィジェット、記事上には宣伝用のパーツが置けるよ

      2016/12/21

Giraffeの広告サンプル

ブログ集客がうまくできるかっていうのは、『記事の終わり部分』にかかっています。

ここは、WEBマーケティングをやっている人なら知っているかもしれないけど、『CTA』(コールトゥアクション)っていう部分なんです。

これはすごくだ大事です。

 

読者が記事を読み終わった後に、次にどうしようかって迷った時に、このCTA部分にあなたが本当に読んでほしいページへのリンクを置いておくと、濃い読者さんならクリックしてくれます。

 

ウィジェットを使えば簡単に設置!

STINGER5にはこのCTA部分を設置するのは、直接コードを触ってあげないといけませんでしたが、Giraffeでは、外観>ウィジェットから簡単にCTA部分に出したいパーツを設置できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 機能